レポート

アジのさばきに挑戦!「海と日本 さばける塾 in みやぎ」開催

8EAF2907-D892-46B6-A2CD-9307FA992A81

慣れない手つきで、包丁を握る子どもたち。大きなアジを前に、悪戦苦闘しています。

実はこれ、先日、行われた「海と日本 さばける塾 in みやぎ」の一コマなんです。魚をさばくことを通して、魚の魅力やおいしさを感じ、魚を育む海の大切さを考えてもらおうというイベントで、9/1(日)に塩竃市魚市場の魚食普及スタジオで開催されました。参加してくれたのは、小学2~6年生の子どもとその親御さん8組17人です。果たして、見事、さばくことはできたのでしょうか!?

講師のあさの ゆか先生が実演!

  1. 講師は、料理教室「七ツ森」のあさの ゆか先生
  2. プロの手さばきで、きれいに3枚におろしていきます。
  3. 子どもたちは目を輝かせて、さばいていく様子を見つめていました。

講師は、料理教室「七ツ森」のあさの ゆか先生。食卓でお馴染みの魚、アジのさばき方を教えてくれました。

普段、そのままの形のアジを見ることさえない子どもたちは、特大のアジを見て感動した様子。そんな子供たちにも分かりやすいように、あさの先生は鱗の引き方、ぜいごの取り方、包丁の入れ方などを実演しながら丁寧に教えてくれました。初めて見る光景に、子どもたちは目を輝かせて見つめていました。手際よく、きれいにさばいてく様子が、子どもたちの目には「かっこ良く」映ったのでしょうね。

いよいよアジのさばきに挑戦!

  1. まずは鱗を取ることから
  2. ぜいごに包丁を入れていきます。
  3. 上手に3枚おろしにしていきます!

いよいよアジのさばきにチャレンジ!

まずは、鱗を引き、ぜいごを取ります。最初は、アジを触る手も恐る恐る。覚束ない手つきながらも、感触を確かめながら鱗とぜいごを取っていきます。次は、頭を落とし、内臓を取り除きますが、慣れていない子どもたちにとっては、少し抵抗があった様子。こわばった表情を見せる子もいましたが、それでもなんとか済ませ、クライマックスの3枚おろしへ。この頃には、感覚をつかんだのか、包丁を持つ手に少し自信を持っているように感じました。魚をさばくことを楽しんでいるようです。

アジの3枚おろし完成!

  1. 最後は丁寧に小骨を抜いていきます。
  2. 上手に3枚おろしができました!
  3. 特大のアジ!子どもだと、両手でないと持てません!

最後は、丁寧に小骨を抜いて、3枚おろしの完成!悪戦苦闘しながらも、みんな上手にできました!初めてとは思えない出来です。食べるのが楽しみ!

それにしても大きなアジですね。子どもだと両手でないと持てない、このサイズ。もちろん、宮城県の海で獲れたものです。こんなに立派なアジが獲れるなんて、宮城の海が誇らしいですね。

アジフライ&アジのつみれ汁にしていただきます!

  1. こんがりキツネ色に上がったアジフライ
  2. おいしいアジフライになるといいですね。
  3. アジのつみれを丸めてつみれ汁を作っていきます。

もうお腹ペコペコ。きょうは、アジフライとアジのつみれ汁にしていただきます。

ふんわりとなるようパン粉をまぶして、揚げていきます。キツネ色に揚がったアジフライ、おいしそうですね。つみれ汁は、アジのつみれをスプーンで丸めて、にんじん、大根が入った鍋に入れ煮ていきます。次第にいい匂いがしてきました。待ちきれません!

アジフライ&アジのつみれ汁いただきます!

  1. 完成したアジフライ&アジのつみれ汁、おいしそう1
  2. 大きなアジフライにかぶりつき
  3. おいしそうに食べています

アジフライ&アジのつみれ汁が完成!

そして、あさの先生の掛け声で、みんな揃って「いただきます!」

一口食べて、「おいしい」。中はふわふわ、外はカリカリのアジフライ、旨みが染み出たつみれ汁をみんなおいしそうに食べてくれました。大きなアジフライに豪快にかぶりつく姿も。自分で一から魚をさばいて食べるご飯は、いつも以上においしいということを知ってくれたようです。

「魚のさばき方を知って楽しかった」「知ったことが多く、いっぱい勉強になった」「アジを食べたり、学んだりできた」「あんなに大きなアジがいるとは思わなかった」

「さばける塾」を終えた子どもたちはいろいろな感想をくれました。

きょう1日、魚をさばくことができるようになっただけでなく、命のありがたみ、魚を育む海の大切さも学んでくれたものと思います。日頃からお家でも魚をさばいてもらい、魚や海を身近に感じてもらえればと思います。そしてふとした時に、海やそこに暮らす魚のことを思い浮かべてくれると嬉しいです。

  • 「アジのさばきに挑戦!「海と日本 さばける塾 in みやぎ」開催」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=1744" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 宮城県-A・24-03
  2. 宮城県-A・23-01
  3. IMG_0766
  4. 宮城県-A・22-01
  5. 宮城県-A・21-04
  6. 宮城県-A・20-01

Pickup

  1. 宮城県-A・24-03
    恋する灯台 大須埼灯台

    石巻市、雄勝半島にある、大須埼灯台は70年もの間、半島沖を航行する船に光を届け、海上の安全を守ってき…

  2. 宮城県-A・23-01
    港町に欠かせない漁業の裏方

    気仙沼市魚市場。三陸沖で取れた海の幸が多く水揚げされ、場内は、それを買い求める仲買人や、漁師で賑…

  3. IMG_0766
    親子連れが体験!海洋ごみを使ったアクセサリー作り

    12月1日(日)に仙台市の夢メッセみやぎで開かれた 親子連れイベント「ままぱれ祭り」で、海と日本プロ…

  4. 宮城県-A・22-01
    地元の民話を多くの人へ

    七ヶ浜町から望める、松島湾。この町には、乱暴な漁師の船が転覆しそうになったのをアワビが救った、と…

  5. 宮城県-A・21-04
    ほやの魅力を伝えたい!

    養殖ほやの生産量日本一を誇る宮城県。しかし震災後、韓国の禁輸措置により、輸出ができなくなったほや…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
  4. 2016年

レポート

  1. 宮城県-A・24-03
    恋する灯台 大須埼灯台
  2. 宮城県-A・23-01
海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP