レポート

三陸のホヤ

ほや 2

宮城県は、ホヤ生産量日本一ということを知っていましたか?

実は筆者は、ホヤを食べるのに抵抗があったためにこれまでほやを食べてこなかった人間のひとりです。

実は今回、取材を通してホヤを食べられるようになったので、放送では十分に見せられなかった「ほやほや学会」田山さんのつくってくれたホヤ料理をもう少し詳しく紹介したいと思います。

 

実際に田山さんが作ってくれた「ほやめし」と、クラッカーに蒸しほやとジャム、ディルとピンクペッパーをのせた「ほやっぺ」。

 

取材クルーでも、実は4人中3人がホヤがダメ(残り1人は「何とも思わない」)でしたが、今回は美味しくいただけました。

 

以前ホヤを食べたときの記憶は、磯の風味がとてもエグいなかに必要としていない甘さが感じられ、その見た目もあって「嫌いなもの:ほや」とプロフィールに書いても差支えないと思っていたのに、今回は素直においしいと思いました。

なかでも、「ほやっぺ」は、柑橘類のジャムの甘さとほやのあまさとうっすら塩分が同居、後味にディルとピンクペッパーがさらっとさせてくれるという…これまでのホヤからは想像できない食べやすさと味の変化でした。

 

こういう地道な活動でも、頑張っている漁師さんを支えられるんだなぁ、とほや漁師さんの現状を知ってもらいたい気持ちで始めた取材でしたが、加えて「ほやほや学会」のがんばりも見守っていきたいと思いました。

関連リンク

  1. 調理の一例
  2. 網地白浜海水浴場
  3. やまなし 顔
  4. 海鮮丼
  5. 遊覧船②
  6. 商品

Pickup

  1. 網地白浜海水浴場
    おすすめビーチ 宮城県内の海水浴場情報!

    今年は暑いので、海水浴に出かけられる皆様も多いと思います。宮城県では9か所の海水浴場が正式に海開きを…

  2. やまなし 顔
    月見里しずかロケ日記!海水からの塩作りを体験

    こんにちは!海と日本プロジェクトinみやぎ 推進リーダーの月見里しずかです。 今回のロケ…

  3. 海鮮丼
    食べる楽しみだけじゃない!オリジナルの海鮮丼

    みなさんは、塩釜市というと何を思い浮かべますか? 今回は、塩釜水産物仲卸市場を取材してきました。…

  4. カキ
    南三陸町の新ブランド「戸倉っこかき」

    「戸倉っこかき」を知っていますか? 国内で初めて「海のエコラベル」とも言われる「ASC認証」を受…

  5. PastedGraphic-5
    雄勝町の森と海で学べる施設モリウミアス(後半)

    こんにちは!取材ディレクターの大峯です!前編から間があいてしまいましたが、、石巻市雄勝町にあるモリウ…

PAGE TOP