レポート

感謝を伝える土産物 南三陸の泊貝っこ(とまりげっこ)

泊貝っこ 1

南三陸ポータルセンター内のみなみな屋で買うことができる、「南三陸 泊貝っこ(とまりげっこ)」。
南三陸の方言で、「げっこ」とは「貝」のことを意味していてアクセサリーやお土産として人気です。
特徴は貝殻に書かれた「出会いに感謝」などの文字。
作っているのは、女性書道家の高橋汀蘭さん。2011年から作り始めています。
震災がなければ会えなかった人たちが多かったので、その方々に少しでもありがとうという言葉を伝えたくて、ストラップ状にして、その感謝の言葉を書いたのがきっかけですと語る高橋さん。
「泊貝っこ」に使うのは、高橋さんの地元・歌津地区の泊浜で拾える貝殻で、形のきれいなものを1つ1つ拾っています。

 

南三陸の泊貝っこ

  1. お土産として人気!泊貝っこ
  2. 一つ一つに思いが詰まった貝殻
  3. 泊貝っこを作り続ける高橋汀蘭さん

震災から7年経ち、高橋さんは、海辺の景色の移り変わりを貝殻を拾いに来るたびに感じているそうです。

昔は大きく広がっていた砂浜も、震災後に激減し、貝殻を取ることができる場所もなくなってしまいました。
防潮堤の整備が進み、砂浜の貝殻も貴重なものになってしまいましたが、今も髙橋さんは、砂浜が少しでもある限り、南三陸に来てくれた人への感謝の気持ちを込めて、「泊貝っこ」を作り続けます。

関連リンク

  1. #30-001
  2. #29-002
  3. image1
  4. #26-001
  5. IMG_4086
  6. #27-001

Pickup

  1. #30-001
    大漁旗で、海への想いをいつも身近に

    船で漁に出る漁師さんたちにとってのシンボル、大漁旗。 自分の船を初めて持ったときなどにお祝いに頂くも…

  2. #29-002
    自分でおろすとサカナはもっと旨くなる!

    去る11月4日、塩釜市魚市場 魚食普及スタジオを会場に「さばける塾in宮城」が日本財団が推進する「海…

  3. #26-001
    海を知る「パイオニアスクールプログラム」

    海に関連するさまざまな視点からの学習を支援する「パイオニアスクールプログラム」。 笹川平和財団が全国…

  4. IMG_4086
    恋する灯台・大須埼灯台でウォーキング 恋しに来い!石巻市…

    石巻市の雄勝半島の突端にある大須埼灯台を巡るウォーキングイベントが11日に開かれました。これは宮城海…

  5. #27-001
    笹かまメーカーって大変?海のお仕事を体験しよう!

    塩竈市にある「武田の笹かまぼこ」の協力で開催した「海のお仕事図鑑」。 子どもたちに海に関わる仕事を体…

PAGE TOP