宮城県は、世界三大漁場の一つとされる三陸沖を有する水産王国です。
三陸沖は、寒流と暖流が流れ込む多様性が極めて高い海域で、海洋生物の生息数は全海洋生物の約14%にあたる3万3000種あまりに及ぶといいます。

そんな宮城の海が、2011年3月11日大きな災害に見舞われました。
浜は姿を変え、多くのものを失いました。それでも、沿岸には、自然とともに生きると決め、たくましく活動する人たちがたくさんいます。

「海と日本プロジェクト in みやぎ」は、世界に誇れる海の恵みと海と向き合う人たちのいまを発信し、宮城の海に再び光を当てます。

サンプル.00_04_02_22.Still042

宮城県気仙沼市立面瀬小学校の海の学習を取材しました!

こんにちは!ディレクターの大峯です!今年度のCM撮影もスタート!今年も取材撮影の度に、海の美しい写真と一緒に、楽しい海の魅力を紹介して行きますね!よろしくお願いします!1回目の「海を楽しむ人」編の取材は、気仙沼!10年ほど前から海の魅力を子…

  • レポート
月見里さん406

推進リーダー・月見里しずかのロケ日記~塩釜・松島編~

  • レポート
月見里さん5

推進リーダー・月見里しずかのロケ日記~南三陸編~

  • レポート
海と日本番組

2018年「海と日本プロジェクト in みやぎ」放送開始のお知らせ

  • 番組情報
DSC_4119 (2)

絶品!塩釜の回転寿司

  • レポート
PAGE TOP