宮城県は、世界三大漁場の一つとされる三陸沖を有する水産王国です。
三陸沖は、寒流と暖流が流れ込む多様性が極めて高い海域で、海洋生物の生息数は全海洋生物の約14%にあたる3万3000種あまりに及ぶといいます。

そんな宮城の海が、2011年3月11日大きな災害に見舞われました。
浜は姿を変え、多くのものを失いました。それでも、沿岸には、自然とともに生きると決め、たくましく活動する人たちがたくさんいます。

「海と日本プロジェクト in みやぎ」は、世界に誇れる海の恵みと海と向き合う人たちのいまを発信し、宮城の海に再び光を当てます。

PastedGraphic-1

南三陸さとうみファーム✖️志津川高校との取り組みがスタート!

こんにちは!取材ディレクターの大峯です! 今年度の海プロとのコラボ企画がスタートしました!今年度も、海プロの趣旨にのっとって、未来の海と共に生きていく子ども達との企画を考えています!最初に始まったのは、南三陸歌津町にある、さ…

  • レポート
chirashisozai_アートボード 1

宮城県初!「めざせ !海のジュニア博士」企画がスタートしました!

  • レポート
宮城県-A・003-s02

塩ラーメンなのにスープが黒い⁉その秘密は…カニにあり

  • レポート
宮城県-A・002-s03

DNAが騒ぐ⁉ハワイ発祥マリンスポーツで海もキレイに

  • レポート
宮城県-A・001-s04

道の駅?いえ「海の駅」です!

  • レポート
海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP