宮城県は、世界三大漁場の一つとされる三陸沖を有する水産王国です。
三陸沖は、寒流と暖流が流れ込む多様性が極めて高い海域で、海洋生物の生息数は全海洋生物の約14%にあたる3万3000種あまりに及ぶといいます。

そんな宮城の海が、2011年3月11日大きな災害に見舞われました。
浜は姿を変え、多くのものを失いました。それでも、沿岸には、自然とともに生きると決め、たくましく活動する人たちがたくさんいます。

「海と日本プロジェクト in みやぎ」は、世界に誇れる海の恵みと海と向き合う人たちのいまを発信し、宮城の海に再び光を当てます。

IMG_3496

海のジュニア博士参加者5 明石大獅さんの研究

続いての参加者は、海と日本プロジェクト賞に選ばれた、ん小学5年生の明石大獅さんです!大好きな仙台うみの杜水族館の、謎が多い生物ダイオウグソクムシとダンゴムシの違いについて調べてくれました!…

  • レポート
IMG_3710

海のジュニア博士参加者4 宍戸美月さんの研究

  • レポート
宮城県-A・011-s03

海の問題、身近なところから考えよう

  • レポート
宮城県-A・009.-s04

目指せ1000人!おらが浜の大掃除

  • レポート
宮城県-A・010.-s01

キレイな浜辺の守護神~特掃車って?~

  • レポート
海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP