宮城県は、世界三大漁場の一つとされる三陸沖を有する水産王国です。
三陸沖は、寒流と暖流が流れ込む多様性が極めて高い海域で、海洋生物の生息数は全海洋生物の約14%にあたる3万3000種あまりに及ぶといいます。

そんな宮城の海が、2011年3月11日大きな災害に見舞われました。
浜は姿を変え、多くのものを失いました。それでも、沿岸には、自然とともに生きると決め、たくましく活動する人たちがたくさんいます。

「海と日本プロジェクト in みやぎ」は、世界に誇れる海の恵みと海と向き合う人たちのいまを発信し、宮城の海に再び光を当てます。

#30-001

大漁旗で、海への想いをいつも身近に

船で漁に出る漁師さんたちにとってのシンボル、大漁旗。 自分の船を初めて持ったときなどにお祝いに頂くもので、それぞれの漁師さんにとって思い出深いもの。 そんな、思い出の大漁旗を譲り受け、色鮮やかなブレスレットやバッグ、帽子などにリメイクしてい…

  • レポート
#29-002

自分でおろすとサカナはもっと旨くなる!

  • レポート
image1

日本財団・海洋ごみ対策「CHANGE FOR THE BLUE」を発表

  • レポート
#26-001

海を知る「パイオニアスクールプログラム」

  • レポート
IMG_4086

恋する灯台・大須埼灯台でウォーキング 恋しに来い!石巻市雄勝町

  • レポート
PAGE TOP