宮城県は、世界三大漁場の一つとされる三陸沖を有する水産王国です。
三陸沖は、寒流と暖流が流れ込む多様性が極めて高い海域で、海洋生物の生息数は全海洋生物の約14%にあたる3万3000種あまりに及ぶといいます。

そんな宮城の海が、2011年3月11日大きな災害に見舞われました。
浜は姿を変え、多くのものを失いました。それでも、沿岸には、自然とともに生きると決め、たくましく活動する人たちがたくさんいます。

「海と日本プロジェクト in みやぎ」は、世界に誇れる海の恵みと海と向き合う人たちのいまを発信し、宮城の海に再び光を当てます。

!cid_D876427D-F066-40CA-A4E3-8E039BF31F5E

海でつながるゴミ拾い 渋谷を一斉清掃

こんにちは。事務局の田代です。7/14(土)に渋谷で開催された「海でつながるゴミ拾い」に参加してきました。このイベントは、「海と日本プロジェクト」の一環で、日本財団、渋谷区、ごみ拾い団体のNPO法人などが共催したものです。渋谷区立神宮前小学…

  • レポート
IMG_0182 (800x533)

大須埼灯台が「恋する灯台」に認定! 石巻市長が会見

  • レポート
!cid_0756B7DD-46A3-47E9-8D12-8D630A7B2A9C

夏本番を前に、水辺の事故の調査結果公表

  • レポート
集合

宮城の海と繋がり隊!七ヶ浜でのイベントを取材しました!

  • レポート
PastedGraphic-5

雄勝町の森と海で学べる施設モリウミアス(前半)

  • レポート
PAGE TOP