宮城県は、世界三大漁場の一つとされる三陸沖を有する水産王国です。
三陸沖は、寒流と暖流が流れ込む多様性が極めて高い海域で、海洋生物の生息数は全海洋生物の約14%にあたる3万3000種あまりに及ぶといいます。

そんな宮城の海が、2011年3月11日大きな災害に見舞われました。
浜は姿を変え、多くのものを失いました。それでも、沿岸には、自然とともに生きると決め、たくましく活動する人たちがたくさんいます。

「海と日本プロジェクト in みやぎ」は、世界に誇れる海の恵みと海と向き合う人たちのいまを発信し、宮城の海に再び光を当てます。

IMG_0559

「海ごみ」対策で環境省と日本財団が強力タッグ

環境省と日本財団は、2月18日、世界的な問題となっている「海ごみ」を減らす取り組みを共同で立ち上げると発表しました。会見には、原田義昭環境大臣と日本財団の笹川陽平会長が出席。原田大臣は「海洋プラスチックにおける汚染は世界的な課題であり、人類…

  • レポート
②寒鱈まつり福興市2

旬の魅力がぎっしり!寒鱈まつり復興市

  • レポート
ささよ③k

寄木浜の伝統 寄木ささよ

  • レポート
野蒜海岸4

2019年のスタートはここから!野蒜海岸初日の出

  • レポート
サンファンイルミ

石巻の冬を彩る!サン・ファンイルミネーションツリー2018!

  • レポート
 
PAGE TOP