宮城県は、世界三大漁場の一つとされる三陸沖を有する水産王国です。
三陸沖は、寒流と暖流が流れ込む多様性が極めて高い海域で、海洋生物の生息数は全海洋生物の約14%にあたる3万3000種あまりに及ぶといいます。

そんな宮城の海が、2011年3月11日大きな災害に見舞われました。
浜は姿を変え、多くのものを失いました。それでも、沿岸には、自然とともに生きると決め、たくましく活動する人たちがたくさんいます。

「海と日本プロジェクト in みやぎ」は、世界に誇れる海の恵みと海と向き合う人たちのいまを発信し、宮城の海に再び光を当てます。

1208kanema (1)

魚の解体ショー&お刺身の切り方を学ぼう!!ちょいのぞき気仙沼

「おいしい」を見極める、抜群の目利き力。魚のプロの解体ショーを間近で見られるのはチャンスです。魚種は当日のお楽しみ。解体ショーの後は、お魚屋さん直伝・自宅で簡単にできるお刺身の切り方をお教えします。解体したお魚はプレゼント!ぜひお家で実践し…

  • レポート
11-Uoichiba

気仙沼魚市場探検!!

  • レポート
はらこめし

毎年恒例「はらこめしスタンプラリー」開催中!!

  • レポート
蝦夷あわび

昭和天皇即位式に献上した美味しさ!「歌津あわびまつり」

  • レポート
ゴミ

石巻海さくらのビーチクリーン活動!ダイバー髙橋さん後編

  • レポート
PAGE TOP