「海と日本プロジェクト in みやぎ」とは?

海と日本_09_0706.mp4_000018936

日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」。
このプロジェクトは一昨年、祝日「海の日」が20回目を迎えたことを記念して立ち上がりました。日本のさまざまな地域で、海に親しみ、海を学び、そして海を守る活動を行っていく中で、次世代を担う子どもたちを中心に多くの人々の海に対する好奇心を喚起し、一人ひとりに海とのつながりを認識してもらうことを目的としています。今年の夏は、海を介して人と人とがつながるユニークな取り組みが全国各地で実施されます。
「海と日本プロジェクト in みやぎ」では、宮城県内で行われるこのプロジェクトの様々な取り組みを紹介していくとともに、身近な海の魅力、伝統、環境保全、そして東日本大震災からの復興にも目を向けていきます。
食卓を彩り、レジャーで楽しみ、気候を左右する海は私たちの生活と深くつながっています。海に囲まれた国、日本に暮らす私たち一人ひとりが海について考え、自分にできることからアクションを起こしてみませんか。

https://twitter.com/umipromiyagi?lang=ja

 

海と日本プロジェクト in みやぎ

  1. 気仙沼市 大谷海岸(写真提供:宮城県観光課)
  2. 松島町 松島遊覧船(写真提供:宮城県観光課)
  3. 南三陸町 志津川湾(写真提供:宮城県観光課)

海と日本プロジェクト in みやぎ実行委員会

Pickup

  1. #13web用写真②
    ハマボウフウの花で海岸を花畑に

    東日本大震災による津波で、名取市閖上の海浜植物が流されて以来、「名取ハマボウフウの会」は元の景色を取…

  2. #12_004
    港町・石巻の魅力を集結したお茶漬け

    水産業の町・石巻では、それにかかわる加工品の会社もたくさんありますが、複数の加工会社が集まって開発し…

  3. unnamed
    松島蒲鉾がコラボ!「おさかなっていいね!Book」

    みなさんこんにちは!取材ディレクターの大峯です!今年「海と日本プロジェクト in みやぎ」では、3つ…

  4. #11web用写真③
    魚屋さんが感じる危機感

    海の幸が豊富な三陸沖、「世界三大漁場」を漁場にする宮城でも、ある問題が起こっていると、石巻で鮮魚店を…

  5. #10①
    石巻を“タラコ”の街に!

    遠洋漁業の基地として栄えてきた港町、石巻市。 日本有数の水揚げ量で、水産加工業も盛んです。 中でも、…

海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP