お知らせ

サーフショップ オーナー澤地聡一さんインタビュー(公式YouTube)

宮城県-C・05-s01

海と日本プロジェクト in みやぎのインタビュー動画5本目は、仙台市宮城野区田子にあるサーフショップ フルスピードのオーナー澤地聡一さんです。

30年以上ほぼ毎日海に通い続けているという澤地さん。毎朝4時半には海へ行って、サーフィンをして7時くらいには帰るそうです。海の魅力は毎日違う顔を見せてくれること。一日でも来ないと気になってしまう、親の様な家族の様な場所だといいます。

恩返しの気持ちを込めて…

世界中どこの海へ行っても目に入ってくるのがプラスチックのゴミ。片手にサーフボードを持ち、もう片方の手で自分が持てるゴミを拾って帰る。皆でまとまって何かをするのは難しいけれど、一人ひとりが少しずつできることをやってくれたら…と澤地さんは願っています。

海を愛するサーファーならではの澤地さんの熱い思いをぜひお聞きください。

  • 「サーフショップ オーナー澤地聡一さんインタビュー(公式YouTube)」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=917" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 海ごみゼロアワード ロゴ
  2. 3c07961c1364b6aa94c558252aa4e998
  3. M02297
  4. 宮城県-C・10-s01
  5. 宮城県-C・09-s01
  6. 宮城県-B・08-s01.

Pickup

  1. #13web用写真②
    ハマボウフウの花で海岸を花畑に

    東日本大震災による津波で、名取市閖上の海浜植物が流されて以来、「名取ハマボウフウの会」は元の景色を取…

  2. #12_004
    港町・石巻の魅力を集結したお茶漬け

    水産業の町・石巻では、それにかかわる加工品の会社もたくさんありますが、複数の加工会社が集まって開発し…

  3. unnamed
    松島蒲鉾がコラボ!「おさかなっていいね!Book」

    みなさんこんにちは!取材ディレクターの大峯です!今年「海と日本プロジェクト in みやぎ」では、3つ…

  4. #11web用写真③
    魚屋さんが感じる危機感

    海の幸が豊富な三陸沖、「世界三大漁場」を漁場にする宮城でも、ある問題が起こっていると、石巻で鮮魚店を…

  5. #10①
    石巻を“タラコ”の街に!

    遠洋漁業の基地として栄えてきた港町、石巻市。 日本有数の水揚げ量で、水産加工業も盛んです。 中でも、…

海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP