お知らせ

菖蒲田浜の漂流物で作ったアート作品

喜多さん作品

写真家 喜多直人さんは石川県金沢市出身。震災後、ボランティアを行いそのまま宮城県に移住し、2013年からビーチクリーンに参加しています。

また、様々な企画の中心人物の1人として、菖蒲田浜や塩釜の海などで、イベントやアート制作活動を行っています。

その喜多さんが、菖蒲田浜での様々な漂流物を拾いながら、その物のストーリーを想像し心が動き作り出したアート作品が「同居浜」です。

心動かされるモノたちの過ごしてきた時を感じてください。

歩いて、眺めて、拾って、集めて。

歩いて感じる

眺めて考える

拾って繋がり

集めて対話する

歩いて、眺めて、拾って、集めて。

写真家 喜多直人。

関連リンク

  1. 宮城県-C・10-s01
  2. 宮城県-C・09-s01
  3. 宮城県-B・08-s01.
  4. 宮城県-B・07-s01.
  5. 宮城県-C・06-s01
  6. 宮城県-C・05-s01

Pickup

  1. #26-001
    海を知る「パイオニアスクールプログラム」

    海に関連するさまざまな視点からの学習を支援する「パイオニアスクールプログラム」。 笹川平和財団が全国…

  2. IMG_4086
    恋する灯台・大須埼灯台でウォーキング 恋しに来い!石巻市…

    石巻市の雄勝半島の突端にある大須埼灯台を巡るウォーキングイベントが11日に開かれました。これは宮城海…

  3. #27-001
    笹かまメーカーって大変?海のお仕事を体験しよう!

    塩竈市にある「武田の笹かまぼこ」の協力で開催した「海のお仕事図鑑」。 子どもたちに海に関わる仕事を体…

  4. 志津川湾01
    復興の象徴に!志津川湾がラムサール条約登録

    志津川湾がラムサール条約に登録されました!ラムサール条約の保全対象リストに、宮城県南三陸町の志津川湾…

  5. 1222abecho
    迫力満点の魚の解体ショーを見に行こう!!ちょいのぞき気仙…

    普段は見ることができないお魚の解体を見学できます。大きな魚をさばく職人技に、大人も子どもも目が丸くな…

PAGE TOP