レポート

【塩釜市】~復興のシンボルに~ 塩釜の新魚市場

塩釜市魚市場

こんにちは!取材ディレクターの福田です。

 

2017年を通し、”海”にまつわる様々な話題を届けてきた「海と日本プロジェクト」。

取材を進める中で、印象深かった回がいくつかございます。

 

その1つが、10月に「塩釜の新魚市場」がオープンしたこと。

 

近海の「メバチマグロ」の水揚高、日本一を誇る塩釜市

中でも魚市場は、町のシンボルともいえる大切な場所でした。

 

しかし、震災により一度は大きなダメージを受け、立て替えが決定。

6年が経過し、今年の10月にようやく「新魚市場」が完成したのです。

 

中には、

 ・水揚げ所の見学スペース

 ・魚食を楽しむための調理場

 ・港を一望できる展望デッキ

など、以前の魚市場とは違い、訪れた人々が楽しめるスポットとして生まれ変わりました。

 

魚市場管理事務所のみなさんが仰っていたのは、

「観光の施設のシンボルとして港町塩釜の中心となるような施設にしていきたい」ということ。

 

大変な被害を乗り越え、前向きな形ではじまった施設の門出。

塩釜の復興のシンボルとして、新たな魚市場に期待が集まっています。

 

皆さんもぜひ家族や友人と、訪ねてみてください!

 

関連リンク

  1. 調理の一例
  2. 網地白浜海水浴場
  3. やまなし 顔
  4. 海鮮丼
  5. 遊覧船②
  6. 商品

Pickup

  1. 網地白浜海水浴場
    おすすめビーチ 宮城県内の海水浴場情報!

    今年は暑いので、海水浴に出かけられる皆様も多いと思います。宮城県では9か所の海水浴場が正式に海開きを…

  2. やまなし 顔
    月見里しずかロケ日記!海水からの塩作りを体験

    こんにちは!海と日本プロジェクトinみやぎ 推進リーダーの月見里しずかです。 今回のロケ…

  3. 海鮮丼
    食べる楽しみだけじゃない!オリジナルの海鮮丼

    みなさんは、塩釜市というと何を思い浮かべますか? 今回は、塩釜水産物仲卸市場を取材してきました。…

  4. カキ
    南三陸町の新ブランド「戸倉っこかき」

    「戸倉っこかき」を知っていますか? 国内で初めて「海のエコラベル」とも言われる「ASC認証」を受…

  5. PastedGraphic-5
    雄勝町の森と海で学べる施設モリウミアス(後半)

    こんにちは!取材ディレクターの大峯です!前編から間があいてしまいましたが、、石巻市雄勝町にあるモリウ…

PAGE TOP