レポート

とりもどせ! 松島湾のアマモ

紙粘土で苗をくるむ

こんにちは。取材ディレクターの浅田です。

きょうも海藻の「アマモ」についてお届けします。

 

震災で減ってしまったアマモ。

アマモは、植木鉢の草花の様に、簡単に増やす事は出来ません。

大変、手間がかかる作業を繰り返さなくてはならないのです。

 

その作業の一つが、タネを海底に沈めること。

この時、画期的な“あるもの”をつけるんです。

(ヒントは、上の写真にある“白い物”です) 

 

正解は・・・  “紙粘土”です。

(紙粘土って大丈夫なの?・・・という疑問が湧いてくると思うのですが、

自然に帰る素材で、およそ1カ月で分解されるらしいです。)

 

「タネ」の他に、「苗」を育てる時も紙粘土を使います。

苗は支える“おもり”として使われます。

 

まさに、万能の役割が、紙粘土にあります。

ダイバーの方が手伝います

潮が引かない場合、ダイバーの方にも手伝ってもらいます。

“育てる”ことは色んな人たちの手間がかかるんです。

 

紙粘土が活躍するアマモ場の再生。

意外な物が役立っているんですね。

関連リンク

  1. ②寒鱈まつり福興市2
  2. ささよ③k
  3. 野蒜海岸4
  4. サンファンイルミ
  5. おすばでまつり③b
  6. 戸倉漁師の会①

Pickup

  1. ②寒鱈まつり福興市2
    旬の魅力がぎっしり!寒鱈まつり復興市

    年の初めに旬の寒鱈を満喫しましょう!南三陸では、東日本大震災の翌月以降ほぼ毎月、食と笑顔があふれ…

  2. ささよ③k
    寄木浜の伝統 寄木ささよ

    250年もの歴史ある伝統行事は、現在も子供たちによって守られています。南三陸町の寄木浜に伝わる『…

  3. 野蒜海岸4
    2019年のスタートはここから!野蒜海岸初日の出

    お正月と言えば初日の出!今年の初日の出は、「野蒜海岸」で!! 美しく弧を描く野蒜海岸の砂浜には、五年…

  4. サンファンイルミ
    石巻の冬を彩る!サン・ファンイルミネーションツリー201…

    石巻の冬の風物詩として定着した「サン・ファン・イルミネーションツリー2018」が今年も開催!    …

  5. おすばでまつり③b
    年の瀬に、感謝を込めて!志津川湾おすばでまつり福興市

    震災前から南三陸の年の瀬一大イベントとして行われてきた「志津川湾おすばでまつり」!南三陸の復興を…

PAGE TOP