レポート

ふるさとの海の豊かさを学ぶ 志津川湾 森里海めぐり隊!初日

1D4C2C42-E87A-4091-AE0C-36DFB93E6790

まぶしい太陽、どこまでも青い空。絶好の海日和の中、海と日本プロジェクト in みやぎのオリジナルイベント「志津川湾 森里海めぐり隊!」が8/5(月)~6(火)の2日間、開催されました。ラムサール条約湿地に昨年登録された志津川湾。なんと、200種類以上の海藻が生育しています。その豊かさの秘密を、森・里・海を巡って解き明かしていきました。一体、どんな秘密があるのでしょうか?

 

 

開会式

  1. 目の前に広がる志津川湾
  2. 日本財団 吐師さんからの挨拶
  3. 参加者の子どもたち

仙台駅からバスで約1時間40分。南三陸町・志津川に到着。

志津川湾を望む南三陸ホテル観洋で開会式を行い、いよいよ「志津川湾 森里海めぐり隊!」がスタート!目の前に広がる志津川湾を前に、子どもたちはこの海にどんな秘密があるのか期待を膨らませている様子。

志津川湾と森・里との関係を知ろう

  1. 長年、志津川湾を研究している水産科学博士 阿部 拓三先生によるイントロダクション
  2. 志津川湾と森・里との関係について、ノートをとる子供たち
  3. 志津川湾と森・里との関係について、ノートをとる子供たち

最初は、長年、志津川湾の海藻を研究している水産科学博士 阿部 拓三先生から、志津川湾と森・里の関係についてお話をいただきました。

周囲を山に囲まれ、町の面積の約8割を森林が占める南三陸町にはたくさんの分水嶺があり、山林に降った雨は全て川を流れ、人の住む里を通って志津川湾に注いでいるのが特徴です。また、南三陸の沿岸では、寒流「親潮」と暖流「黒潮」が混ざり合うため、冷たい海に生息しているコンブと、暖かい海に生息しているアラメが混生するなど、多様な藻場を形成しています。

子どもたちは真剣な表情でノートを取っています。

磯で自然観察

  1. 夢中で海藻を採集する子どもたち
  2. こんな大きな海藻も!
  3. 1時間ほどでこんなにたくさんの海藻が

いよいよ海へ!荒島の磯で、様々な生き物の観察を行いました。リアス式海岸になっている三陸の海岸は、磯場になるのが特徴です。生息している多様な海藻に、子どもたちは夢中になって採集していました。

ほんの1時間ほどの磯探検でしたが、こんなにたくさんの海藻が採れました。透き通った、きれいな海には、たくさんの海藻が生育していて、その豊かさを実感しました。

砂浜で自然観察

  1. サンオーレ袖浜の砂浜で自然観察
  2. サンオーレ袖浜の砂浜で自然観察
  3. 砂浜にも海藻が

荒島から橋を渡って、砂浜があるサンオーレ袖浜へ。三陸海岸は、入江の奥に砂浜があるのも特徴です。砂浜には磯とは違った生き物がいることを観察しました。子どもたちは海に入って気持ち良さそうです。

海藻押し葉

  1. 志津川湾に生息する多彩な海藻を使いました。
  2. いろいろな色や形の海藻を使って、思い思いに押し葉を作りました。
  3. 個性豊かな押し葉ができました。

午後は、海藻押し葉でスタート。志津川湾に生息する多彩な海藻を使って押し葉を作りました。一言で”海藻”といっても、色や形など様々で、自然の神秘さを感じます。イメージに合わせ、いろいろな海藻を組み合わせたり、ストローで丸くくり抜いたりしながら、思い思いに作っていきます。そして、完成。個性豊かな押し葉ができました。

初日は、この他にも、南三陸町と事業提携するバイオガス施設”南三陸BIO”で資源の循環について学びました。町民の廃棄物を液肥にして、それを肥料として使うことで、田んぼや畑が元気になって、海も元気になります。

さらに、志津川の海藻などを使って、ふりかけ作りも体験!香りを確かめながら、自分好みのふりかけを作りました。各自がネーミングを考えて、完成。この日の夕食でいただきました!

  • 「ふるさとの海の豊かさを学ぶ 志津川湾 森里海めぐり隊!初日」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=1633" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 71D479C6-EF72-4E7A-8F50-419BF489EA35
  2. 宮城県-A・19-01
  3. IMG_3070
  4. 新規メモ 6
  5. シーケンス 04.00_10_07_10.静止画075
  6. シーケンス 04.00_13_47_09.静止画067

Pickup

  1. 宮城県-A・19-01
    日本一漁師さんにやさしい街を目指して!

    世界三大漁場の一つである南三陸沖を前にする気仙沼漁港。遠洋漁業の基地として、地元の船だけでなく県…

  2. IMG_3070
    宮城の子どもたちが考えた「味わいスープ」が発売開始!

    みなさん、こんにちは。海と日本プロジェクトinみやぎ事務局の田代です。今年8月に南三陸町…

  3. シーケンス 04.00_10_07_10.静止画075
    ホヤ漁師の渥美さんの美味しすぎるホヤの秘密を取材しました…

    取材ディレクターの大峯です!ちょっと前の撮影になってしまいますが7月の下旬に、石巻市谷川浜のホヤ漁師…

  4. シーケンス 04.00_13_47_09.静止画067
    浜の未来につなぐ!はまぐり浜プロジェクト!

    こんにちは!取材ディレクターの大峯です!少し秋の風になって来ましたね!みなさん夏の疲れが出ていません…

  5. 宮城県-A・12-02
    「全国豊かな海づくり大会」に向けて 小学生が稚魚を放流

    石巻市にある寄磯浜で、ホシガレイの稚魚が放流が行われました。 この放流は、毎年、全国で行われている「…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
  4. 2016年
海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP