レポート

ほやの魅力を伝えたい!

宮城県-A・21-04

養殖ほやの生産量日本一を誇る宮城県。
しかし震災後、韓国の禁輸措置により、輸出ができなくなったほやは廃棄されていました。
その為、国内では消費拡大に向けての動きがみられています。
仙台市内のほや料理専門店では、新鮮なほやを食べてもらう為に加工場を作りました。
さらに、気仙沼市では水産関連企業30社ほど集まり『気仙沼 水産 資源 活用 研究会』を結成。
ほやを使った『海かおる ホイスターソース』というソースを作りました。
このソースは5年ほどの歳月をかけて試行錯誤を繰り返して、開発されました。

ほやの消費拡大へ

  1. 新鮮なうちに殻をむいて冷凍に
  2. 一年中、美味しいホヤが食べられます
  3. 新たな味を創造するホヤソース

もっと多くの方に色んな楽しみ方で、ほやの消費をしてもらって、ほやの魅力を知ってもらいたいですね。

  • 「ほやの魅力を伝えたい!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=2009" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. #13web用写真②
  2. #12_004
  3. unnamed
  4. #11web用写真③
  5. #10①
  6. #8③

Pickup

  1. #13web用写真②
    ハマボウフウの花で海岸を花畑に

    東日本大震災による津波で、名取市閖上の海浜植物が流されて以来、「名取ハマボウフウの会」は元の景色を取…

  2. #12_004
    港町・石巻の魅力を集結したお茶漬け

    水産業の町・石巻では、それにかかわる加工品の会社もたくさんありますが、複数の加工会社が集まって開発し…

  3. unnamed
    松島蒲鉾がコラボ!「おさかなっていいね!Book」

    みなさんこんにちは!取材ディレクターの大峯です!今年「海と日本プロジェクト in みやぎ」では、3つ…

  4. #11web用写真③
    魚屋さんが感じる危機感

    海の幸が豊富な三陸沖、「世界三大漁場」を漁場にする宮城でも、ある問題が起こっていると、石巻で鮮魚店を…

  5. #10①
    石巻を“タラコ”の街に!

    遠洋漁業の基地として栄えてきた港町、石巻市。 日本有数の水揚げ量で、水産加工業も盛んです。 中でも、…

海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP