レポート

南三陸町の新ブランド「戸倉っこかき」

カキ

「戸倉っこかき」を知っていますか?
国内で初めて「海のエコラベル」とも言われる「ASC認証」を受けたブランドの牡蠣です。

南三陸町はカキの養殖が盛んな土地でしたが、震災前の状態だと、カキの養殖棚が窮屈に見えていたという戸倉の漁師・後藤さん。
被災し、津波で何もなくなった状態で、逆に新しいことに挑戦してみようと思ったそうです。

密集状態の養殖を止めて、牡蠣のひとつひとつに海の栄養分がいきわたるには…という計算を大学教授らと相談して、震災前の3分の1以下に養殖施設の数を減らす決断をしたそうです。
売り上げも3分の1になるんじゃないかと周囲からの反発もあったそうですが、試験的にやっていく中で通常出荷まで2~3年かかるカキが1年でこれまでよりも大きくなったので「これはいける」と漁師仲間を納得させたそうです。

カキの糞で海底の汚泥も懸念されていましたが、そのやり方で徐々に解消され、海の環境も昔のようにキレイになっていったそうです。
それが評価され、「ASC認証」に至ったということでした。

欲張ってたくさん種付けしたほうが身が小さく、少し余裕を持たせて育てたほうが大きな身になるという、昔話のような構図のお話でした。
実際に、船の上でカキをむいて食べさせてくれましたが、身の大きさと甘みはこれまで食べたカキで
トップクラスの美味しさでした。

南三陸の豊かな海が育む「戸倉っこかき」

  1. かきを引き上げる遠藤さん
  2. この海がおいしいかきを育てる

後から聞きましたが、やはり2~3年すると、身が育つ過程で旨味だけでなくエグみも含んでしまうようで、1年で出荷できるというのは甘みが強く前面に出てくるようです。

そんな美味しい戸倉の「戸倉っこかき」。みなさんも機会があったら是非食べてみてください。

 

関連リンク

  1. #30-001
  2. #29-002
  3. image1
  4. #26-001
  5. IMG_4086
  6. #27-001

Pickup

  1. #30-001
    大漁旗で、海への想いをいつも身近に

    船で漁に出る漁師さんたちにとってのシンボル、大漁旗。 自分の船を初めて持ったときなどにお祝いに頂くも…

  2. #29-002
    自分でおろすとサカナはもっと旨くなる!

    去る11月4日、塩釜市魚市場 魚食普及スタジオを会場に「さばける塾in宮城」が日本財団が推進する「海…

  3. #26-001
    海を知る「パイオニアスクールプログラム」

    海に関連するさまざまな視点からの学習を支援する「パイオニアスクールプログラム」。 笹川平和財団が全国…

  4. IMG_4086
    恋する灯台・大須埼灯台でウォーキング 恋しに来い!石巻市…

    石巻市の雄勝半島の突端にある大須埼灯台を巡るウォーキングイベントが11日に開かれました。これは宮城海…

  5. #27-001
    笹かまメーカーって大変?海のお仕事を体験しよう!

    塩竈市にある「武田の笹かまぼこ」の協力で開催した「海のお仕事図鑑」。 子どもたちに海に関わる仕事を体…

PAGE TOP