レポート

大須埼灯台が「恋する灯台」に認定! 石巻市長が会見

IMG_0182 (800x533)

こんにちは、事務局の田代です。

宮城県で初めてある灯台が「恋する灯台」に認定されました。認定されるのは石巻市の雄勝半島の東端に立つ大須埼灯台です。恋する灯台は、海と日本プロジェクトの一環で、日本ロマンチスト協会が認定します。今年度を含め、全国で42基の灯台が認定されていて、認定基準は非日常感や世界の果てを感じさせる壮大さなどです。

石巻市の亀山紘市長は、7月5日の定例の記者会見で、大須埼灯台の認定について「これを機に、地域の観光資源としての灯台の価値を見直し、雄勝地域の観光の目玉の一つとして、訪れる人が増えることを期待するとともに地域の活性化に大きく寄与するものと期待している」と述べました。

大須埼灯台は、今は無人ですが、漁師たちの安全を見守るシンボルとして、地域の住民に強く愛されています。なんと「ともしび会」という灯台を掃除するための自治組織がつくられていて、敷地内の花壇には四季折々の花が咲き誇っています。

雄勝総合支所の阿部徳太郎支所長は「地元の人たちはみな認定を喜んでいる。過疎の町なので若い人を中心に大勢の人に足を運んでもらいたい」と期待していました。

8月9日(木)には、日本ロマンチスト協会の波房会長が大須埼灯台を訪れるほか、亀山市長を表敬訪問するという事です。

灯台の周りの風景

  1. 半島の先端で、金華山も望める
  2. きれいに整備された花壇
  3. 見下ろす大須漁港がなんとハートマーク型♡

大須浜は、藩政時代には有名な大船主がいて、大いに潤ったといわれる。

しかし、東日本大震災以降、これまでにない人口流出に見舞われている。

岬に屹立する大須埼灯台が、いまは住民の心をつなぎとめるよりどころのひとつになっている。

関連リンク

  1. H00255w
  2. IMG_8259
  3. 七ヶ浜 1
  4. #18 
  5. 給スイカステーション 1
  6. 1うみポス 

Pickup

  1. kpc-8461
    海のお仕事図鑑!笹かま製造・販売体験 参加者募集 

    子ども達に海のお仕事を体験してもらう海と日本プロジェクト「海のお仕事図鑑」を10月8日(祝・月)に開…

  2. H00255w
    ご存知ですか?10月8日は「はらこめしの日」!

    10月8日は何の日か、ご存知ですか?亘理町荒浜地区が発祥の地とされる「はらこめし」の美味しさを全国の…

  3. IMG_8259
    サンマ!さんま!秋刀魚!9/30(日)開催 おながわ秋刀…

    全国有数のサンマの水揚げを誇る女川町。その恵みに感謝し、サンマで町を盛り上げようと始められたのが「お…

  4. #18 
    海の底からワイン!!味は?海産物にあうワインづくり

    カキの養殖が盛んな南三陸町。 7月の下旬、とあるカキの養殖棚の中から引き揚げられたのは、なんと「ワイ…

  5. 1うみポス 
    気仙沼の海の魅力を発信!うみぽすグランプリ

    8月5日、気仙沼市にある商店街で、うみぽすグランプリのワークショップが行われました。 うみぽすグラン…

PAGE TOP