レポート

宮城・閖上 自然の堤防復活へ

宮城県-A・20-01

名取市閖上。
以前は、砂浜に多くの海浜植物が自生していましたが、東日本大震災の津波によって多くが流されてしまいました。
名取市閖上で海浜植物を復活させようとしている
「名取ハマボウフウの会」。
北海道の団体の協力を得て、「ハマボウフウ」や「ハマヒルガオ」など8種類の海浜植物の植栽をおこなっています。
震災後、この様な活動を年に数回行い、交流を深めて来ました。

海浜植物を守るためにできることとは…

  1. 名取ハマボウフウの会のみなさん
  2. 自然の堤防を取り戻すべく植えられる植物
  3. 自然の姿を取り戻すために

潮風や砂に強い海浜植物は、風で舞った砂を受けとめ、砂丘となり、自然の防潮堤を形作ります。
そういう環境づくりが、景色だけでなく、海辺に暮らす生き物たちを保護していくことにもつながります。

  • 「宮城・閖上 自然の堤防復活へ」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=2004" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 宮城県-A・24-03
  2. 宮城県-A・23-01
  3. IMG_0766
  4. 宮城県-A・22-01
  5. 宮城県-A・21-04
  6. 宮城県-A・18-01

Pickup

  1. 宮城県-A・24-03
    恋する灯台 大須埼灯台

    石巻市、雄勝半島にある、大須埼灯台は70年もの間、半島沖を航行する船に光を届け、海上の安全を守ってき…

  2. 宮城県-A・23-01
    港町に欠かせない漁業の裏方

    気仙沼市魚市場。三陸沖で取れた海の幸が多く水揚げされ、場内は、それを買い求める仲買人や、漁師で賑…

  3. IMG_0766
    親子連れが体験!海洋ごみを使ったアクセサリー作り

    12月1日(日)に仙台市の夢メッセみやぎで開かれた 親子連れイベント「ままぱれ祭り」で、海と日本プロ…

  4. 宮城県-A・22-01
    地元の民話を多くの人へ

    七ヶ浜町から望める、松島湾。この町には、乱暴な漁師の船が転覆しそうになったのをアワビが救った、と…

  5. 宮城県-A・21-04
    ほやの魅力を伝えたい!

    養殖ほやの生産量日本一を誇る宮城県。しかし震災後、韓国の禁輸措置により、輸出ができなくなったほや…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
  4. 2016年

レポート

  1. 宮城県-A・24-03
    恋する灯台 大須埼灯台
  2. 宮城県-A・23-01
海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP