レポート

日本財団・海洋ごみ対策「CHANGE FOR THE BLUE」を発表

image1

事務局の田代です。

このたび、日本財団で開かれた深刻化する海洋ごみ対策についての記者発表に出席しました。

発表されたのは「CHANGE FOR THE BLUE」と名付けられたプロジェクトで、海洋ごみ問題をオールジャパンで取り組むために、産官学民が連携し、有識者委員会を設置するということです。

プロジェクトを打ち上げた日本財団の海野光行常務理事は、会見で「海ごみに関する意識調査結果からもオールジャパンでの取り組みは待望されている」と意義を強調。「科学的知見に基づく国民の正しい意識の形成や、多様なセクターの連携による推進が必要」などと述べました。

プロジェクトでは、セブンイレブンと共同でペットボトルの回収を始めるほか、学術研究者と連携した調査研究、ベンチャー企業の支援、環境省との共同事業などを行う予定で、予算は今後3年間で50億円としています。

 

海の未来を変える挑戦がスタートしました

  1. 海洋ごみに関する意識調査も発表されました
  2. 海洋ごみへの意識調査。サンプル数は1400

海洋ごみに関する調査では、80.9%の人が「海洋ごみ」ということを知っていると答えていて、国民にとって一般化された問題であることが浮き彫りになっています。

  • +1
  • 「日本財団・海洋ごみ対策「CHANGE FOR THE BLUE」を発表」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=1463" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 集合写真
  2. IMG_0668
  3. IMG_0658
  4. IMG_0641
  5. Still0515_00000
  6. Still0515_00001

Pickup

  1. 集合写真
    海ごみゼロウィーク 江の島で約400人が清掃活動

    「530(ゴミゼロ)の日」の5月30日、神奈川県江ノ島近くの海岸で、爽やかな青空のもと、海の清掃活動…

  2. IMG_0668
    海洋ごみを考えよう!仙台・荒浜でワークショップ

    国内外で深刻化する海ごみ問題について理解を深めようと、6月1日、仙台市若林区荒浜で市民を対象にした、…

  3. IMG_0658
    海ごみゼロウィーク 仙台で約500人が清掃活動

    世界的な問題となっている海洋ごみの削減を目指す「海ごみゼロウイーク」の活動の一環として、5月30日、…

  4. IMG_0641
    ペットボトルを回収し海洋ごみ対策 日本財団×セブンーイレ…

    海洋ごみの削減を目指す「CHANGE FOR THE BLUE(チェンジ・フォー・ザ・ブルー)」とい…

  5. Still0515_00000
    絶品「ツクモガニ」地元ならではの味!

    南三陸町志津川にある「南三陸町地方卸売市場」。 午前6時頃から、その日の朝に漁師さん達が獲った魚介類…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
  4. 2016年
 
海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP