レポート

日本財団・海洋ごみ対策「CHANGE FOR THE BLUE」を発表

image1

事務局の田代です。

このたび、日本財団で開かれた深刻化する海洋ごみ対策についての記者発表に出席しました。

発表されたのは「CHANGE FOR THE BLUE」と名付けられたプロジェクトで、海洋ごみ問題をオールジャパンで取り組むために、産官学民が連携し、有識者委員会を設置するということです。

プロジェクトを打ち上げた日本財団の海野光行常務理事は、会見で「海ごみに関する意識調査結果からもオールジャパンでの取り組みは待望されている」と意義を強調。「科学的知見に基づく国民の正しい意識の形成や、多様なセクターの連携による推進が必要」などと述べました。

プロジェクトでは、セブンイレブンと共同でペットボトルの回収を始めるほか、学術研究者と連携した調査研究、ベンチャー企業の支援、環境省との共同事業などを行う予定で、予算は今後3年間で50億円としています。

 

海の未来を変える挑戦がスタートしました

  1. 海洋ごみに関する意識調査も発表されました
  2. 海洋ごみへの意識調査。サンプル数は1400

海洋ごみに関する調査では、80.9%の人が「海洋ごみ」ということを知っていると答えていて、国民にとって一般化された問題であることが浮き彫りになっています。

関連リンク

  1. #30-001
  2. #29-002
  3. #26-001
  4. IMG_4086
  5. #27-001
  6. #25-001

Pickup

  1. #30-001
    大漁旗で、海への想いをいつも身近に

    船で漁に出る漁師さんたちにとってのシンボル、大漁旗。 自分の船を初めて持ったときなどにお祝いに頂くも…

  2. #29-002
    自分でおろすとサカナはもっと旨くなる!

    去る11月4日、塩釜市魚市場 魚食普及スタジオを会場に「さばける塾in宮城」が日本財団が推進する「海…

  3. #26-001
    海を知る「パイオニアスクールプログラム」

    海に関連するさまざまな視点からの学習を支援する「パイオニアスクールプログラム」。 笹川平和財団が全国…

  4. IMG_4086
    恋する灯台・大須埼灯台でウォーキング 恋しに来い!石巻市…

    石巻市の雄勝半島の突端にある大須埼灯台を巡るウォーキングイベントが11日に開かれました。これは宮城海…

  5. #27-001
    笹かまメーカーって大変?海のお仕事を体験しよう!

    塩竈市にある「武田の笹かまぼこ」の協力で開催した「海のお仕事図鑑」。 子どもたちに海に関わる仕事を体…

PAGE TOP