レポート

気仙沼の日本一メカジキ

宮城県-A・27-01

世界三大漁場の三陸沖を拠点に持つ港町、気仙沼。
一年を通して多種多彩な魚が水揚げされますが、中でも「メカジキ」が秋から冬にかけて市場にたくさん並びます。
このメカジキ、実はカツオやサンマと並ぶ気仙沼のトップブランドで「生鮮メカジキ」の水揚げ量は「日本一」です。地元の人たちにとっても、昔から親しまれている海の味覚だそうです。
年間を通して水揚げされるメカジキですが、秋から冬では身にたっぷりと脂を蓄えているので、濃厚な旨味が楽しめるようになるそうです。
気仙沼でメカジキの漁獲が増えたのは、戦後、マグロのはえ縄漁が発展し、同じ仕掛けで様々な魚が取れるようになったことからだとか。

想像超えた旨さの旬のメカジキ

  1. 気仙沼は生鮮メカジキの水揚げ日本一
  2. 冬のメカジキは、メカジキのイメージを覆す旨さ
  3. 定番は「煮魚」

一匹獲れれば多くの人が食べられるため、地域ではさまざまな家庭料理として楽しまれてきたそうです。
市内の飲食店でもメカジキの料理がいろいろ提供されていますが、人気なのは何といっても定番「煮魚」。
引き締まった身に、旬の旨味が味わえます。
細かい骨が無いので肉代わりにも使われ、家庭ではカレーの具にもなっていたのだとか。

この機会に「旬のメカジキ」をぜひ!

  • 「気仙沼の日本一メカジキ」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=2057" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. #13web用写真②
  2. #12_004
  3. unnamed
  4. #11web用写真③
  5. #10①
  6. #8③

Pickup

  1. #13web用写真②
    ハマボウフウの花で海岸を花畑に

    東日本大震災による津波で、名取市閖上の海浜植物が流されて以来、「名取ハマボウフウの会」は元の景色を取…

  2. #12_004
    港町・石巻の魅力を集結したお茶漬け

    水産業の町・石巻では、それにかかわる加工品の会社もたくさんありますが、複数の加工会社が集まって開発し…

  3. unnamed
    松島蒲鉾がコラボ!「おさかなっていいね!Book」

    みなさんこんにちは!取材ディレクターの大峯です!今年「海と日本プロジェクト in みやぎ」では、3つ…

  4. #11web用写真③
    魚屋さんが感じる危機感

    海の幸が豊富な三陸沖、「世界三大漁場」を漁場にする宮城でも、ある問題が起こっていると、石巻で鮮魚店を…

  5. #10①
    石巻を“タラコ”の街に!

    遠洋漁業の基地として栄えてきた港町、石巻市。 日本有数の水揚げ量で、水産加工業も盛んです。 中でも、…

海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP