レポート

水底から海をみつめて~あるダイバーのつぶやき~

Still0602_00000

「今、普通に食べられている魚が食べられなくなるかもしれない」

女川のダイビングショップ「ハイブリッジ」代表の髙橋正祥さんはそう話します。

髙橋さんは、東日本大震災後から海中のがれきを片付けるダイバーのボランティアを続けています。
震災後から女川の海を見続けて来た髙橋さんですが、最近、気になっている事があるといいます。
それは「海のごみ」。
がれきの片づけが大方終わった頃の海はとても綺麗だったそうです。
しかし、ここ2~3年、海のごみが目立って増えてきているのだとか。
特にペットボトルやビニール袋などの生活ごみが目立ってきており「これも復旧している証拠」と苦笑いの髙橋さんですが、近年クローズアップされているマイクロプラスチックの問題にもつながる大きな問題です。

街のごみが海を汚す

  1. ダイビングショップ「ハイブリッジ」代表の髙橋正祥さん
  2. 海岸には多くのプラスチックゴミが打ち寄せられている
  3. 海を汚さないようにみんなで考えよう!

髙橋さんは「捨てない教育をキチンとして、みんなが少しでも環境に興味を持ってもらうことが大切」と話します。

綺麗な海を、未来の子どもたちに残したいですね

  • 「水底から海をみつめて~あるダイバーのつぶやき~」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=1577" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 宮城県-A・24-03
  2. 宮城県-A・23-01
  3. IMG_0766
  4. 宮城県-A・22-01
  5. 宮城県-A・21-04
  6. 宮城県-A・20-01

Pickup

  1. 宮城県-A・24-03
    恋する灯台 大須埼灯台

    石巻市、雄勝半島にある、大須埼灯台は70年もの間、半島沖を航行する船に光を届け、海上の安全を守ってき…

  2. 宮城県-A・23-01
    港町に欠かせない漁業の裏方

    気仙沼市魚市場。三陸沖で取れた海の幸が多く水揚げされ、場内は、それを買い求める仲買人や、漁師で賑…

  3. IMG_0766
    親子連れが体験!海洋ごみを使ったアクセサリー作り

    12月1日(日)に仙台市の夢メッセみやぎで開かれた 親子連れイベント「ままぱれ祭り」で、海と日本プロ…

  4. 宮城県-A・22-01
    地元の民話を多くの人へ

    七ヶ浜町から望める、松島湾。この町には、乱暴な漁師の船が転覆しそうになったのをアワビが救った、と…

  5. 宮城県-A・21-04
    ほやの魅力を伝えたい!

    養殖ほやの生産量日本一を誇る宮城県。しかし震災後、韓国の禁輸措置により、輸出ができなくなったほや…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
  4. 2016年

レポート

  1. 宮城県-A・24-03
    恋する灯台 大須埼灯台
  2. 宮城県-A・23-01
海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP