レポート

浜の未来につなぐ!はまぐり浜プロジェクト!

シーケンス 04.00_13_47_09.静止画067

こんにちは!取材ディレクターの大峯です!少し秋の風になって来ましたね!みなさん夏の疲れが出ていませんか?千葉では台風の影響で、かなり被害が出ましたね。私たちも東日本大震災で停電、断水などを経験しているので不便さものすごくわかります!まだまだ暑い房総半島ですから、、どうぞお体にはご自愛くださいね!

さて、9月15日の海と日本プロジェクトinみやぎにて放送されました、「はまぐり浜プロジェク」はご覧いただけましたでしょうか?短い番組の時間の中で、プロジェクト代表の亀山さんのはまぐり浜への想いや、今後の取り組み、そして浜に心を動かされ表現しているアーティストのこと、しっかりご紹介できたと思います。このブログでは、さらに深くはまぐり浜プロジェクトについて書かせていただきます!

2011年の震災後はまぐり浜を一度は離れた亀山さんは、生まれ育った場所への想いから、再度この浜に戻って来ました。そして、豊かな浜の暮らしを次世代へ残すため2012年「蛤浜プロジェクト」をスタートさせました。たくさんの仲間と、ボランディアや地域のみなさんと力を合わせ様々な取り組みを行っています。プロジェクトの中心となっている、はまぐり堂ではランチ、お茶やスイーツの提供の他、若いアーティストの作品を定期的に展示したりもしています。今回、海と日本プロジェクトにご賛同いただいた商品として、制作していただいた「はまぐり浜のTシャツ」のデザインをしたのは、山形在住の画家古田和子さん。古田さんは2016年から、はまぐり堂にて個展を行ったり、はまぐり堂のオリジナル商品を絵を描いていらっしゃいます。Tシャツ用に描いたのは、はまぐり浜のカモメ。荒波でも楽しそうに波に乗るカモメと、どんな時も楽しんでいるはまぐり堂で働くみなさんを重ねて、表現したそうです。その表現通り、亀山さんも働くみなさんもとても前向き。過去にはきっと悲しいことがあった時間は確かにあったはず。でも今は、未来の浜のためにできることを考え、試行錯誤をしながらも、この浜にとってプラスになることをしっかり見据えて、取り組んでいます。一歩進むたびにこれで本当に良いのか?根本をいつも考えながら進んでいる姿から、浜の明るい未来を感じポジティブに取材をさせていただきました。

また、取材に伺った際には、彫刻家の佐野美里さんの作品が展示されていました。圧倒的な存在感ある犬の彫刻は、各県で展覧会を行っており大人気!今後も楽しみな若手アーティストです。

はまぐり浜には、この浜でしか感じられない浜時間が流れていました。きっと、癒されるだけではなく、人の前向きな強さを感じるからまた来たくなるのでしょう!みなさんもぜひ、はまぐり浜の時間を感じに行ってくださいね!

 

アート溢れるはまぐり堂

  1. 佐野美里さんの犬の彫刻
  2. 亀山さんがとって来たお魚を食べれる時もあるそうです!ランチは土日月のみです!
  3. Tシャツははまぐり堂のオンラインショップでも買えます!

はまぐり堂さんの店内でも、様々な商品が購入できます。オリジナルグッズもありますよ!ぜひ!

店内では海と日本との賛同商品のフリーペーパーを見れます!

  1. 店内にて賛同商品のTシャツや、はまぐり浜プロジェクトを紹介しているフリーペーパーが設置されています
  2. 美しい浜の写真もぜひ見ていただきたい!
  3. 画家の古田さんの作品についてもご紹介してます!

海と日本プロジェクトの紹介や、はまぐり浜プロジェクトのことがわかるタブロイド版のフリーペーパーをご設置させていただいてます!ぜひお読みください!浜の写真も綺麗です!

  • 「浜の未来につなぐ!はまぐり浜プロジェクト!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=1895" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 宮城県-A・24-03
  2. 宮城県-A・23-01
  3. IMG_0766
  4. 宮城県-A・22-01
  5. 宮城県-A・21-04
  6. 宮城県-A・20-01

Pickup

  1. 宮城県-A・24-03
    恋する灯台 大須埼灯台

    石巻市、雄勝半島にある、大須埼灯台は70年もの間、半島沖を航行する船に光を届け、海上の安全を守ってき…

  2. 宮城県-A・23-01
    港町に欠かせない漁業の裏方

    気仙沼市魚市場。三陸沖で取れた海の幸が多く水揚げされ、場内は、それを買い求める仲買人や、漁師で賑…

  3. IMG_0766
    親子連れが体験!海洋ごみを使ったアクセサリー作り

    12月1日(日)に仙台市の夢メッセみやぎで開かれた 親子連れイベント「ままぱれ祭り」で、海と日本プロ…

  4. 宮城県-A・22-01
    地元の民話を多くの人へ

    七ヶ浜町から望める、松島湾。この町には、乱暴な漁師の船が転覆しそうになったのをアワビが救った、と…

  5. 宮城県-A・21-04
    ほやの魅力を伝えたい!

    養殖ほやの生産量日本一を誇る宮城県。しかし震災後、韓国の禁輸措置により、輸出ができなくなったほや…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
  4. 2016年

レポート

  1. 宮城県-A・24-03
    恋する灯台 大須埼灯台
  2. 宮城県-A・23-01
海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP