レポート

海の底からワイン!!味は?海産物にあうワインづくり

#18 

カキの養殖が盛んな南三陸町。
7月の下旬、とあるカキの養殖棚の中から引き揚げられたのは、なんと「ワイン」。
これは「南三陸ワインプロジェクト」という取り組みの一環で、ワインの熟成に海流による揺れが影響すると考えられている為、味にも変化があるのか試したのだそうです。

ワインプロジェクトのメンバーである藤田岳さんは、ワインを海中に沈めることで、セラーに置くのとは違った熟成のさせ方を
してみよう、また牡蠣とワインの食べ合わせを実現したいという思いから海辺の町ならではの作り方に挑戦しています。

ふつうにセラーに置いておくよりも海中の方が熟成がはやいと言われるので、このワインははやく熟成し、より熟成が深まった味わいになったと語る藤田さん。

このプロジェクトでは、原料となるブドウの生産にも取り組んでいます。去年の春から畑を耕し、ブドウの栽培も本格化させました。
ワインプロジェクトのメンバーである正司勇太さんが作っているのは、白ワイン用のシャルドネという品種。昔からシャルドネで作ったワインは、牡蠣と相性がいいといわれているそうです。
通常ブドウが収穫できるようになるまで3年から5年かかるので、それまで畑での世話は欠かせません。

「南三陸ワインプロジェクト」は、藤田さんと、正司さんの二人が中心となって取り組んでいます。

海辺の町ならではのワインづくり

  1. ワインプロジェクトのメンバー藤田岳さん
  2. シャルドネづくりに励む正司勇太さん
  3. 海の町・南三陸の白ワイン

海の町・南三陸の魅力を凝縮させたワイン。
飲めるようになるのが今から楽しみですね。

関連リンク

  1. #26-001
  2. IMG_4086
  3. #27-001
  4. #25-001
  5. 志津川湾01
  6. 軽い491

Pickup

  1. #26-001
    海を知る「パイオニアスクールプログラム」

    海に関連するさまざまな視点からの学習を支援する「パイオニアスクールプログラム」。 笹川平和財団が全国…

  2. IMG_4086
    恋する灯台・大須埼灯台でウォーキング 恋しに来い!石巻市…

    石巻市の雄勝半島の突端にある大須埼灯台を巡るウォーキングイベントが11日に開かれました。これは宮城海…

  3. #27-001
    笹かまメーカーって大変?海のお仕事を体験しよう!

    塩竈市にある「武田の笹かまぼこ」の協力で開催した「海のお仕事図鑑」。 子どもたちに海に関わる仕事を体…

  4. 志津川湾01
    復興の象徴に!志津川湾がラムサール条約登録

    志津川湾がラムサール条約に登録されました!ラムサール条約の保全対象リストに、宮城県南三陸町の志津川湾…

  5. 1222abecho
    迫力満点の魚の解体ショーを見に行こう!!ちょいのぞき気仙…

    普段は見ることができないお魚の解体を見学できます。大きな魚をさばく職人技に、大人も子どもも目が丸くな…

PAGE TOP