レポート

海の恵みで商品開発 志津川湾 森里海めぐり隊!二日目

集合写真

海と日本プロジェクト in みやぎのオリジナルイベント「志津川湾 森里海めぐり隊!」2日目も気持ちのいい青空となりました。

宿舎となった平成の森を出て向かったのは、志津川魚市場。豊かな志津川湾では、様々な魚が水揚げされます。なぜ魚種が豊富なのか、どんな取り組みをしているか学びます。

 

志津川魚市場を見学!

  1. 水揚げされた大量のイワシ
  2. 志津川は全国有数のタコの産地。大きなタコの感触を確かめる子どもたち。
  3. マグロや夏の味覚・ホヤも水揚げされています。

志津川湾は寒流と暖流が混ざり合うため、季節ごとに水揚げされる魚種が豊富です。この日は、志津川の名産のタコ、夏の味覚・ホヤのほか、イワシ、マグロ、アナゴ、カニ、ツブ貝などが水揚げされていました。他の三陸の市場と違い、沿岸漁業が中心のため近海の魚が多く見られるのも志津川の特徴です。

また、小ぶりのタコを再放流したり、ヒラメやマコガレイの稚魚の放流などを行い、資源管理型漁業を普及させています。こうした取り組みが魚種豊かな海を実現させているんですね。

海のエコラベルといわれる国際認証ASCをうけたカキ養殖場

  1. カキの養殖ロープを引き上げると・・・
  2. 漁業再生に力を入れてきた漁師 村岡賢一さんが講師
  3. 産卵期のため、生で食べることはできませんが、実入りの良いカキを見せてもらいました。

ASC認証は、環境や地域社会に配慮した養殖業だけが取得できる国際的な認証!

志津川湾では、かつて大規模で過密な状態での養殖を行ってきたため、カキのフン等で水質が悪化していました。

しかし、震災をきっかけに改善を目指し、自然への負荷を減らしながらカキに栄養分を供給できるよう、養殖施設を3分の1に減らしました。
今では、海の環境も自然に近い状態を取り戻しています。

震災前は種付けから2~3年かかって成長していたカキも、1年で出荷できるようになりました。

いのちのめぐり 食物連鎖を見てみよう!

  1. プランクトンネットを海に沈めてみんなで引き上げたよ
  2. ネットにかかったプランクトンを容器に移す
  3. 写真では見にくいですが、動物プランクトンを採集できました!

一見何もいないように見える海水の中には、食物連鎖の基盤を支える小さなプランクトンがたくさん存在しています。

三陸の海が、他の海に比べて透明度が低いのはプランクトンが豊富な証拠です。

このプランクトンを食べてカキがどんどん成長します。

そして、参加者をはじめとした人間の食生活にもつながっていることを知ってもらったよ。

国際認証FSCを受けた森!森と海はつながっている

  1. 整えられているっため、日光が地表まで届いているんだよ
  2. 南三陸の杉は年輪が緻密で強度に優れています
  3. 手ノコで間伐体験!みんな必死

豊かな森は豊かな海をはぐくむと言われています。

森には、「土を守る」「水を止める」「光合成」「生物多様性の維持」という4つの大きな機能があります。

 このどれもが海の豊かさを守るには不可欠であるため、南三陸森林組合では、木材のためだけでなく水資源を守ることを考えた間伐作業や調整を行っているんです。

海藻を使ったスープの素を作ろう!

  1. 志津川湾で採れる海藻を使います。
  2. いろいろな海藻を組み合わせて、スープの味を決めていきます。
  3. 味見をしながら、どんな組み合わせにするか話し合い

2日間に渡った「志津川湾 森里海めぐり隊!」も最後のプログラム。南三陸町で海産物店「たみこの海パック」を営む阿部民子さんに教えてもらいながら、スープの素を作りました。まず、志津川湾で採れる海藻をベースに、班ごとに具や出汁などについて話し合い。そして味見をしながら、いろいろな海藻を組み合わせて、スープの味を決めていきました。最後に、ネーミングを考えて終了。この2日間で学んだことをネーミングに反映させたり、志津川湾で採れる海藻や貝や魚を使ってくれて、嬉しく思いました。

「志津川湾 森里海めぐり隊!」。海から、里、森まで盛りだくさんの2日間でしたが、参加してくれた子どもたちは、志津川の豊かな海がどのようにして作られているのか、しっかり学んでくれました。ときには笑顔で、ときには真剣な眼差しで、取り組んでくれたのが印象的でした。きっと、普段の生活の中でも、今回学んだ海のことを思い浮かべてくれることと思います。そして、海を大切にする気持ちを持ち続けてくれると嬉しいです。本当に2日間、お疲れ様でした!

なお、今回、考案されたスープの素を元に、阿部民子さんが商品化してくださることになりました。秋口には完成する予定で、「たみこの海パック」のECサイトなどでご購入いただけます。お楽しみに!

  • 「海の恵みで商品開発 志津川湾 森里海めぐり隊!二日目」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=1634" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 71D479C6-EF72-4E7A-8F50-419BF489EA35
  2. 宮城県-A・19-01
  3. IMG_3070
  4. 新規メモ 6
  5. シーケンス 04.00_10_07_10.静止画075
  6. シーケンス 04.00_13_47_09.静止画067

Pickup

  1. 宮城県-A・19-01
    日本一漁師さんにやさしい街を目指して!

    世界三大漁場の一つである南三陸沖を前にする気仙沼漁港。遠洋漁業の基地として、地元の船だけでなく県…

  2. IMG_3070
    宮城の子どもたちが考えた「味わいスープ」が発売開始!

    みなさん、こんにちは。海と日本プロジェクトinみやぎ事務局の田代です。今年8月に南三陸町…

  3. シーケンス 04.00_10_07_10.静止画075
    ホヤ漁師の渥美さんの美味しすぎるホヤの秘密を取材しました…

    取材ディレクターの大峯です!ちょっと前の撮影になってしまいますが7月の下旬に、石巻市谷川浜のホヤ漁師…

  4. シーケンス 04.00_13_47_09.静止画067
    浜の未来につなぐ!はまぐり浜プロジェクト!

    こんにちは!取材ディレクターの大峯です!少し秋の風になって来ましたね!みなさん夏の疲れが出ていません…

  5. 宮城県-A・12-02
    「全国豊かな海づくり大会」に向けて 小学生が稚魚を放流

    石巻市にある寄磯浜で、ホシガレイの稚魚が放流が行われました。 この放流は、毎年、全国で行われている「…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
  4. 2016年
海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP