レポート

海の日までもうすぐ!みなさんにとって海とはどんな存在か取材しました!

unnamed-2

みなさんこんにちは!取材ディレクターの大峯です!みなさん!7月15日は海の日という事を知っていますか? 1995年平成7年に制定され、1996年から日本の国民の祝日になったのが海の日なのです!世界の国々の中で、海の日を国民の祝日としている国は、唯一日本だけだそうですよ!日本はご存知の通り、美しい海に囲まれた海洋国!まだ閉鎖中の海水浴場も多いですが、私たちは海の日を前に、海と共に生きている方々や海が大好きなみなさんに 「あなたにとって海とは?」という質問を、様々な海や港町で取材させて頂きました!      中でも 一番印象的だったのは、女川にあるシーパルピア女川にある日本茶フレーバーティー専門店「OCHACCO」の店長の内海ご夫婦。お二人とも気仙沼ご出身で「海とは帰ってくる場所」という言葉を書いてくださいました。大学、就職と気仙沼を離れた時間もあったそうですが、故郷に帰ってきて起業したという内海さん。海のある環境で育ってきたお二人にとって、海は「還るべき場所」なんですね。震災後に立ち上げた「OCHACCO」は、お茶を通して「しあわせなとき」を繋ぎ、日本人の「おもてなしの心」現代のスタイルで、楽しみながら伝えたいという素敵なコンセプトがあるお店です。カフェにもなっていて、お茶をゆっくり飲むことができます。海を感じながら、お茶を飲めるなんて、とても素敵な時間になりそう!皆様も女川に行ったら、OCHACCOさんにぜひ「お茶っこ」しに行ってみてくださいね!お茶の種類もいっぱいありましたよ! そんな素敵なみなさんにお会いした 海と日本プロジェクトinみやぎ 海の日街頭インタビューの番組放送は、7月21日日曜日 朝5時55分からです!番組をみたら、海に行ってみたくなるはずです!楽しい笑顔がいっぱいの街頭インタビューをぜひご覧ください!

OCHACCOのお茶たち

  1. 左のお茶はレモンを入れると、色がパープルに変化しますよ!!不思議!綺麗!
  2. 海の色のお茶ナノブルー!

なんて素敵な色なんでしょうか!海と同じ色のお茶が飲めなんて素敵です!潮風を感じながら、お茶を飲んで海についてもゆっくりお話してみてはいかがでしょう?

海の好きなことも教えてもらいました!

  1. 塩釜の仲卸市場の取材では、海はきれいなところ!と、群馬から引っ越してきたばかりの男の子が教えてくれました!
  2. 七ヶ浜では、サイクル中のご夫婦が 海はお気に入りの場所!と教えてくださいました!最近、仙台から七ヶ浜へ続くサイクリングロードができて来やすくなったとのこと!とっても爽やかなお二人でした!

小さなお子様から、80代のお年寄りまで幅広く取材することができました!塩釜、七ヶ浜、女川と海の街で素敵な笑顔をいっぱい撮影できました!ご協力いただきました、皆様ありがとうございました!

七ヶ浜での出会い

  1. ロシアから来た可愛い女性に遭遇!なんと初めて海をみたそうです!素晴らしい!!と日本語で連呼してました!
  2. 撮影の天気予報は雨でした!が、なんと午後から雨は止み撮影日和になりました!奇跡!!

七ヶ浜はなんども取材に行っていますが、新しい観光場所も増えて来たり、サイクリングロードもできて活気がありますね!

  • 「海の日までもうすぐ!みなさんにとって海とはどんな存在か取材しました!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=1565" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. シーケンス 04.00_13_47_09.静止画067
  2. 77087F8B-482E-4824-B3CE-8789F0203DCC
  3. 8EAF2907-D892-46B6-A2CD-9307FA992A81
  4. 宮城県-A・12-02
  5. 宮城県-A・11-01
  6. 宮城県-A・08-01

Pickup

  1. シーケンス 04.00_13_47_09.静止画067
    浜の未来につなぐ!はまぐり浜プロジェクト!

    こんにちは!取材ディレクターの大峯です!少し秋の風になって来ましたね!みなさん夏の疲れが出ていません…

  2. 宮城県-A・12-02
    「全国豊かな海づくり大会」に向けて 小学生が稚魚を放流

    石巻市にある寄磯浜で、ホシガレイの稚魚が放流が行われました。 この放流は、毎年、全国で行われている「…

  3. 宮城県-A・11-01
    みんなで盛り上げよう!「小泉海水浴場」

    気仙沼市本吉町の『小泉海水浴場』。 太平洋にそそぐ「津谷川」の河口の北側に広がっています。 東日本大…

  4. 宮城県-A・08-01
    72歳の現役サーファー

    仙台市宮城野区中野の向洋海浜公園付近は、海底が砂地の「ビーチブレイク」と言われる地形で、初心者から上…

  5. シーケンス 06.00_00_31_22.静止画004
    海と日本プロジェクトとの連携事例制作ストーリー1

    取材ディレクターの大峯です!暑い夏でしたが、風が少しだけ秋ですね!長袖をきている人を見かけ始めました…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
  4. 2016年
海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP