レポート

港町に欠かせない漁業の裏方

宮城県-A・23-01

気仙沼市魚市場。
三陸沖で取れた海の幸が多く水揚げされ、場内は、それを買い求める仲買人や、漁師で賑わいます。
魚市場で必ず見かけるのが、氷。
魚を流通させるためには、氷は、なくてはならない存在です。
市場のそばにある岡本製氷では、1日に、80トン以上もの氷を生産できる工場があり、貯蔵庫にストックしてある氷を砕いて、漁港に届けています。

気仙沼と氷

  1. 漁業と氷は切り離せないモノ
  2. 氷がたくさん積まれている姿は圧巻!
  3. 「氷の水族館」は製氷技術が高いことの証

また、氷を通して、気仙沼の水産業のことを知ってもらおうと作られた「氷の水族館」では、気仙沼で水揚げされた魚が氷の中に入って展示されています。
この透明な氷は、高い製氷技術があるからこそ、なせる技。
まるで海の中にいるような気分を味わえる人気のスポットです。

  • 「港町に欠かせない漁業の裏方」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=2021" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 宮城県-A・28-01
  2. 宮城県-A・27-01
  3. 宮城県-A・26-03
  4. 宮城県-A・25-01
  5. 宮城県-A・24-03
  6. IMG_0766

Pickup

  1. 3c07961c1364b6aa94c558252aa4e998
    冬は「南三陸キラキラいくら丼」の季節です。

    冬のキラキラ丼を一言でいうならば・・・“海の宝石箱”。 鮮度の高い極上イクラが丼に溢れんばかりに盛り…

  2. ​牡蠣とカレーとチーズのHOTフェスタ
    塩釜の冬をアツアツの牡蛎とカレーとチーズで堪能しよう!!…

    塩釜の冬をアツアツの牡蛎とカレーとチーズで堪能しよう!! 2020年1月19日(日)は牡蠣とカレーと…

  3. M02297
    冬の亘理名物「ほっきめし」を体験しましたか?

    はらこめしの季節が過ぎると亘理町は「ほっきめし」の季節を迎えます。「ほっきめし」はお米をホッキ貝のエ…

  4. 賑わい
    ゆりあげ港朝市の新春初市は1月5日(日)朝6時から!!

    早朝から採れたての野菜や新鮮な海の幸が並ぶ名取市のゆりあげ港朝市。新春恒例の初市は1月5日(日)…

  5. 8b293de516413054634257dfd9bd480d
    極上!三陸ワカメ刈り体験2020 募集中!

    ワカメの収穫が最盛期を迎えるこの時期に“極上”ワカメを「刈って」みよう!!漁場体験のあと…

レポート

  1. 宮城県-A・28-01
    地元の豊かな自然を再発見
  2. 宮城県-A・27-01
    気仙沼の日本一メカジキ
海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP