レポート

石巻海さくらのビーチクリーン活動!ダイバー髙橋さん後編

ゴミ

こんにちは!取材ディレクター大峯です!続けてダイバー髙橋さんの後編です!
女川でダイバーショップの代表をされている髙橋さんは、石巻海さくらという団体の代表理事でもあります。
毎月1回様々な海でビーチクリーンを行っている、石巻海さくらの活動を取材してきました。
私たちが取材に伺った場所は、石巻の長浜海水浴場。家族、カップル、学生、企業でと、様々なジャンルの人々がたくさん集まりました。
浜辺の清掃活動なのですが、みんなイベントに参加している様にとても楽しそう。髙橋さんにお話をお聞きしたところ
「誰もが参加しやすい様に、海のレジャー感覚でできる清掃活動を目指しています!」とのこと。
だからみんな楽しそうだし、たくさん人が集まりやすいのですね!こんなに楽しそうな清掃活動を見るのは初めてかもしれません。
ゴミ袋も工夫していて、フクロウのイラストが入っていてとっても可愛かったです!

そして、企業として参加している方々もいました。
「ジョンソン・エンド・ジョンソン 社会貢献委員会」のメンバーです。
2016年から石巻海さくらの活動に参加しているそうで、東日本大震災後、遊べなくなった海をきれいにして
子供たちが安心して遊べる海にするための活動として呼びかけ、
毎年たくさんの社員の方々が賛同して、全国から参加してくれているそうです!
企業の素晴らしい取り組みですね!
みなさん汗をかき、一生懸命活動されていましたよ!

石巻海さくらの清掃活動は、取り組みを通して人と人が繋がるコミュニケーションの場所となり
海を愛する気持ちの輪もどんどん広がっていく、素敵な活動となっているんですね。
真ん中にいる、代表理事ダイバー髙橋さんの人を引っ張るまっすぐな強い気持ちも、人が集まる理由なんだと感じました。
またぜひ取材したいと思います!

活動の様子!

  1. なんと自転車が砂浜から出てきました!
  2. スタッフはお揃いのサンタTシャツでした。可愛い!

ビーチクリーン活動こんなに楽しいなんて!参加しやすい雰囲気もいいですね!

関連リンク

  1. #30-001
  2. #29-002
  3. image1
  4. #26-001
  5. IMG_4086
  6. #27-001

Pickup

  1. #30-001
    大漁旗で、海への想いをいつも身近に

    船で漁に出る漁師さんたちにとってのシンボル、大漁旗。 自分の船を初めて持ったときなどにお祝いに頂くも…

  2. #29-002
    自分でおろすとサカナはもっと旨くなる!

    去る11月4日、塩釜市魚市場 魚食普及スタジオを会場に「さばける塾in宮城」が日本財団が推進する「海…

  3. #26-001
    海を知る「パイオニアスクールプログラム」

    海に関連するさまざまな視点からの学習を支援する「パイオニアスクールプログラム」。 笹川平和財団が全国…

  4. IMG_4086
    恋する灯台・大須埼灯台でウォーキング 恋しに来い!石巻市…

    石巻市の雄勝半島の突端にある大須埼灯台を巡るウォーキングイベントが11日に開かれました。これは宮城海…

  5. #27-001
    笹かまメーカーって大変?海のお仕事を体験しよう!

    塩竈市にある「武田の笹かまぼこ」の協力で開催した「海のお仕事図鑑」。 子どもたちに海に関わる仕事を体…

PAGE TOP