レポート

食べる楽しみだけじゃない!オリジナルの海鮮丼

海鮮丼

みなさんは、塩釜市というと何を思い浮かべますか?
今回は、塩釜水産物仲卸市場を取材してきました。
仲卸市場内には、約100店舗ほどのお店が並んでいます。
ここで人気なのは、自分だけのオリジナルの海鮮丼が作れること。
好きな海の幸を市場内で探し、自分で盛り付けするのが醍醐味です。
海鮮丼用に数切れが盛られているものも売っています。
市場内のお店の人に食材を勧めてもらいながら、推進リーダーの月見里さんも自分だけの海鮮丼を作りました。
取材日は平日。
しかし、お昼頃になると海鮮丼を作る場所には人が集まり、ほぼ満席!大盛況でした。
たくさん食材を買って、家族・友達や恋人同士で分け合って食べるのが良さそうですね。

何をのせようか、本気で迷う。

  1. 塩竃で上がる海の幸が一杯
  2. どれもこれも新鮮そのもの
  3. リポーターの月見里さんも楽しそう

市場は50年間の歴史があります。

大切にしているのは、お店の人とお客さんが話をしながら食材を購入することができる『繋がり』です。

「スーパーとは違い、お客さんの希望なども聞きながら販売ができるのでとっても楽しい。販売側と購入側、お互いが笑顔になれる場所。」とお店の人は語ります。

昔から変わらないスタイルだそうですよ。とっても素敵ですよね♪

関連リンク

  1. #30-001
  2. #29-002
  3. image1
  4. #26-001
  5. IMG_4086
  6. #27-001

Pickup

  1. #30-001
    大漁旗で、海への想いをいつも身近に

    船で漁に出る漁師さんたちにとってのシンボル、大漁旗。 自分の船を初めて持ったときなどにお祝いに頂くも…

  2. #29-002
    自分でおろすとサカナはもっと旨くなる!

    去る11月4日、塩釜市魚市場 魚食普及スタジオを会場に「さばける塾in宮城」が日本財団が推進する「海…

  3. #26-001
    海を知る「パイオニアスクールプログラム」

    海に関連するさまざまな視点からの学習を支援する「パイオニアスクールプログラム」。 笹川平和財団が全国…

  4. IMG_4086
    恋する灯台・大須埼灯台でウォーキング 恋しに来い!石巻市…

    石巻市の雄勝半島の突端にある大須埼灯台を巡るウォーキングイベントが11日に開かれました。これは宮城海…

  5. #27-001
    笹かまメーカーって大変?海のお仕事を体験しよう!

    塩竈市にある「武田の笹かまぼこ」の協力で開催した「海のお仕事図鑑」。 子どもたちに海に関わる仕事を体…

PAGE TOP