レポート

今日からスタート!「海のごちそうウィーク」

カツオ刺身

今日、10月10日の魚(とと)の日から、10月16日までの1週間は
「海のごちそうウィーク」!

“海のごちそうを食べる” ことを通して、
豊かな恵みを与えてくれる海の環境が今どうなっているのかを考える1週間です。

世界的な魚食普及が進んでいます。国連食糧農業機関の調べによると、
世界全体で見たときに、1人当たりの魚の消費量は右肩上がりに増え続けているそうです。
ある研究では、海の温暖化や酸性化などの影響によって、
2050年には、まぐろ、えび、いか、いくらなどが獲れなくなるかもしれないと言われています。

シーズン最終盤に入っていますが、
宮城県のこの時期の「海のごちそう」と言えば、カツオの刺身!
三陸沖の海でたくさんのイワシを食べたカツオは脂が乗っていて、刺身で食べると最高!
「戻りガツオ」の醍醐味ですね。

23年連続生鮮カツオの水揚げ日本一の気仙沼でカツオと言えば、刺身。
傷みやすいカツオは冷蔵庫ができるまでは刺身で食べられることは稀でしたが、
新鮮なカツオが水揚げされる気仙沼では昔から刺身で食べられていました。
一番おいしく、贅沢な食べ方=刺身で食べられることを
気仙沼の人たちは誇りにしていたそうです。

今年も水揚げ日本一は確実と言われていますが、気仙沼市の漁業関係者から心配な話を聞きました。
今年水揚げされているカツオは、特大サイズと小さいサイズが大半で、
多いはずの大型、中型のカツオが少ないそうなんです。

また、昔と比べると水揚げ量も減ってきているそうです。
今では10月中旬にカツオ漁のシーズンは終わってしまいますが、
昔は11~12月まで水揚げが続き、クリスマス・イヴに水揚げをしたこともあったと伺いました。
今では、カツオのナブラ(群れ)も小さくなってしまったと寂し気に話していたのが印象的でした。

その要因として、海水温の上昇、海洋汚染など様々な要因が考えられますが、
乱獲の問題も挙げられます。獲りすぎによって資源量が減ってしまうのです。

一方で、気仙沼で水揚げされるカツオの大半は、一本釣り漁で獲れたもの。
1匹ずつ釣り上げるので、一度にたくさんの量は獲れませんが、
水産資源量を保ちながら行うことができる漁法です。
これからの時代、一本釣り漁のような持続可能な漁法を見直していく必要があるのではないでしょうか?

乱獲の背景には、魚を安く、たくさん求めてきた私たち自身にも責任があります。
私たちの食生活・暮らし方を見つめ直すことも大切です。

ぜひ、「海のごちそうウィーク」に
海の恵みに感謝しながら、シーズン終了間近の「戻りガツオ」をご堪能ください!
そして、海の問題についても思いを巡らせてみてはいかがですか?

【「海のごちそうウィーク」HP】
https://uminohi.jp/gochiso-week/

  • 「今日からスタート!「海のごちそうウィーク」」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=2395" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. #13web用写真②
  2. #12_004
  3. unnamed
  4. #11web用写真③
  5. #10①
  6. #8③

Pickup

  1. #13web用写真②
    ハマボウフウの花で海岸を花畑に

    東日本大震災による津波で、名取市閖上の海浜植物が流されて以来、「名取ハマボウフウの会」は元の景色を取…

  2. #12_004
    港町・石巻の魅力を集結したお茶漬け

    水産業の町・石巻では、それにかかわる加工品の会社もたくさんありますが、複数の加工会社が集まって開発し…

  3. unnamed
    松島蒲鉾がコラボ!「おさかなっていいね!Book」

    みなさんこんにちは!取材ディレクターの大峯です!今年「海と日本プロジェクト in みやぎ」では、3つ…

  4. #11web用写真③
    魚屋さんが感じる危機感

    海の幸が豊富な三陸沖、「世界三大漁場」を漁場にする宮城でも、ある問題が起こっていると、石巻で鮮魚店を…

  5. #10①
    石巻を“タラコ”の街に!

    遠洋漁業の基地として栄えてきた港町、石巻市。 日本有数の水揚げ量で、水産加工業も盛んです。 中でも、…

海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP