レポート

復活!閖上のヨットハーバー

再建された桟橋

閖上港にはヨットの船着場となる「ヨットハーバー」があるんです。
みなさん、知ってました?

実は名取川河口周辺は、強い風が吹くことで知られ、
東北各地から選手達が集まるほど、ヨットに乗る人々に愛されてきた場所。

しかし、3.11の津波の影響で一度はハーバーが壊滅してしまいました。

保管されていたヨットが流されるなど、被害は甚大でした。

そんな閖上のヨットハーバーを復活させるために働きかけたのは、
大学ヨット部を中心とする団体「宮城セーリング連盟」の若者たち。

閖上の港の再整備が本格的に始まった2016年に、施設の復旧を要請。
ようやく、7年ぶりに練習が再開されるようになりました。

滑るように海を駆け抜ける!

  1. このような状態だったヨットハーバーが、見事に再生
  2. やっと練習が再開できました
  3. 気持ちよさそう!

閖上のヨットハーバー復活の影には、
ヨットを愛する選手達の活躍や思いが込められていたんですね。

関連リンク

  1. #30-001
  2. #29-002
  3. image1
  4. #26-001
  5. IMG_4086
  6. #27-001

Pickup

  1. #30-001
    大漁旗で、海への想いをいつも身近に

    船で漁に出る漁師さんたちにとってのシンボル、大漁旗。 自分の船を初めて持ったときなどにお祝いに頂くも…

  2. #29-002
    自分でおろすとサカナはもっと旨くなる!

    去る11月4日、塩釜市魚市場 魚食普及スタジオを会場に「さばける塾in宮城」が日本財団が推進する「海…

  3. #26-001
    海を知る「パイオニアスクールプログラム」

    海に関連するさまざまな視点からの学習を支援する「パイオニアスクールプログラム」。 笹川平和財団が全国…

  4. IMG_4086
    恋する灯台・大須埼灯台でウォーキング 恋しに来い!石巻市…

    石巻市の雄勝半島の突端にある大須埼灯台を巡るウォーキングイベントが11日に開かれました。これは宮城海…

  5. #27-001
    笹かまメーカーって大変?海のお仕事を体験しよう!

    塩竈市にある「武田の笹かまぼこ」の協力で開催した「海のお仕事図鑑」。 子どもたちに海に関わる仕事を体…

PAGE TOP