レポート

東北の浜辺に春を告げる魚「シロウオ」

シロウオ画像3

南三陸町で行われているシロウオ漁。
3月下旬から5月にかけて行われている漁で、
南三陸町の春の風物詩にもなっています。
積み上げた石にカゴを仕掛けて、
その中にシロウオが泳いで入ってくる、という仕組み。
海から産卵のために川に上ってくるシロウオ。
踊り食いをするのが一番美味しいよ、と漁師の渡邉さん。
捕まえてすぐのシロウオを食べさせてもらいました。
他にも、天ぷらやお吸い物、卵とじにして食べたりするそうですよ。

踊り食いはぜひ挑戦してほしい!

  1. シロウオ漁をする渡邉さん
  2. シロウオ漁は、海と川の境目「汽水域」で行われる
  3. 昔から続く素朴な漁法

シロウオはハゼ科。

間違えられやすいシラウオはサケマス科。

踊り食いに適しているのは断然、シロウオ!

関連リンク

  1. #30-001
  2. #29-002
  3. image1
  4. #26-001
  5. IMG_4086
  6. #27-001

Pickup

  1. #30-001
    大漁旗で、海への想いをいつも身近に

    船で漁に出る漁師さんたちにとってのシンボル、大漁旗。 自分の船を初めて持ったときなどにお祝いに頂くも…

  2. #29-002
    自分でおろすとサカナはもっと旨くなる!

    去る11月4日、塩釜市魚市場 魚食普及スタジオを会場に「さばける塾in宮城」が日本財団が推進する「海…

  3. #26-001
    海を知る「パイオニアスクールプログラム」

    海に関連するさまざまな視点からの学習を支援する「パイオニアスクールプログラム」。 笹川平和財団が全国…

  4. IMG_4086
    恋する灯台・大須埼灯台でウォーキング 恋しに来い!石巻市…

    石巻市の雄勝半島の突端にある大須埼灯台を巡るウォーキングイベントが11日に開かれました。これは宮城海…

  5. #27-001
    笹かまメーカーって大変?海のお仕事を体験しよう!

    塩竈市にある「武田の笹かまぼこ」の協力で開催した「海のお仕事図鑑」。 子どもたちに海に関わる仕事を体…

PAGE TOP