レポート

石原良純さんらが審査!海のポスター展で宮城からも入賞

image1

「地元の海をスター☆にしよう。」をテーマに、海を題材としたポスターコンテスト「うみぽすグランプリ2018」の表彰式が東京でで開かれました。
「うみぽすグランプリ」は一般社団法人・海洋連盟が主催し、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」の一環で行われました。
今回は、全国から3418点の作品の応募があり、一般の部、子どもの部からグランプリ、準グランプリなどが選ばれました。
プレゼンターを務めた俳優で気象予報士の石原良純さんは、「(出展者の)年齢の幅があり選ぶのが難しかった。理屈抜きで海のきらびやかさのあるものを選んだ。皆さんの出来が良くて楽しく拝見できました」と審査を振り返りました。
宮城からは、子どもの部で「岩井崎」をテーマにした気仙沼市立階上小学校の村上真優さんと「大島」を描いた仙台市立連坊小学校の神直樹君の作品が入賞し、それぞれに表彰状が手渡されました。

村上真優さんの作品

  1. 作品と一緒に(^_^)v 岩井崎の絵でお祝いさき
  2. 岩井崎は石灰岩の岩場が続く岬だが、震災で地盤沈下し、潮が吹きにくくなったという
  3. 岩井崎の「石はら、よー沈み込むな」と石原良純さんが言ったとか言わなかったとか

村上さんのコメント「岩井崎は震災前、たくさん潮を吹いていたが、震災後はあまり潮を吹かなくなってしまった。震災前のように潮を吹いてほしいという願いを込めて描きました。入賞できてとてもうれしいです」

 

神直樹君の作品

  1. 入賞作品を前に、晴れやかな表情。じーんと来ちゃった?
  2. 砂浜に埋められると脱出不可能!夏の遊びの定番

神直樹くんのコメント「海でみんなが僕のことを埋めた思い出を描いた。熱くて重くて気持ちよかった。自分では下手だと思って描いたが選ばれてうれしかった」

たのしいポスターで「海おこし」&「町おこし」

  1. 表彰式は船の科学館で行われた!外観が巨大な船の形
  2. 入賞した作品は1階のロビーに展示
  3. 一般の部で入賞!唐桑で撮影した西川緑さんと根岸天馬さんの作品

作品の展示は11/2(金)まで。

子どもの部の表彰式はTBCテレビ「ワンスイッチカフェ」で紹介予定。12月24日(月)25:20~

関連リンク

  1. ②寒鱈まつり福興市2
  2. ささよ③k
  3. 野蒜海岸4
  4. サンファンイルミ
  5. おすばでまつり③b
  6. 戸倉漁師の会①

Pickup

  1. ②寒鱈まつり福興市2
    旬の魅力がぎっしり!寒鱈まつり復興市

    年の初めに旬の寒鱈を満喫しましょう!南三陸では、東日本大震災の翌月以降ほぼ毎月、食と笑顔があふれ…

  2. ささよ③k
    寄木浜の伝統 寄木ささよ

    250年もの歴史ある伝統行事は、現在も子供たちによって守られています。南三陸町の寄木浜に伝わる『…

  3. 野蒜海岸4
    2019年のスタートはここから!野蒜海岸初日の出

    お正月と言えば初日の出!今年の初日の出は、「野蒜海岸」で!! 美しく弧を描く野蒜海岸の砂浜には、五年…

  4. サンファンイルミ
    石巻の冬を彩る!サン・ファンイルミネーションツリー201…

    石巻の冬の風物詩として定着した「サン・ファン・イルミネーションツリー2018」が今年も開催!    …

  5. おすばでまつり③b
    年の瀬に、感謝を込めて!志津川湾おすばでまつり福興市

    震災前から南三陸の年の瀬一大イベントとして行われてきた「志津川湾おすばでまつり」!南三陸の復興を…

PAGE TOP