2019年のアーカイブ

  1. 賑わい

    ゆりあげ港朝市の新春初市は1月5日(日)朝6時から!!

    早朝から採れたての野菜や新鮮な海の幸が並ぶ名取市のゆりあげ港朝市。新春恒例の初市は1月5日(日)…

  2. 8b293de516413054634257dfd9bd480d

    極上!三陸ワカメ刈り体験2020 募集中!

    ワカメの収穫が最盛期を迎えるこの時期に“極上”ワカメを「刈って」みよう!!漁場体験のあと…

  3. 大会宣言

    「全国アマモサミット2019inみやぎ」が開催され、大会宣言が発表されました。

    次世代に豊かな海を引き継ごうと、「全国アマモサミット2019inみやぎ」が2019年11月9日(土)…

  4. 企画展チラシデータ

    最後にその雄姿を目に焼き付けよう!!

    令和元年度企画展 「サン・ファン号のすべて‐1993~2021‐」開催中!!復元船「サン・ファン・バ…

  5. 宮城県-A・28-01

    地元の豊かな自然を再発見

    三方を山に囲まれ、豊富な栄養分が注がれる志津川湾は、たくさんの生物が集まる場所になっています。海…

  6. 宮城県-A・27-01

    気仙沼の日本一メカジキ

    世界三大漁場の三陸沖を拠点に持つ港町、気仙沼。一年を通して多種多彩な魚が水揚げされますが、中でも…

  7. 宮城県-A・26-03

    海のかおりを土産に

    海辺の町・女川。駅前広場からの一直線のレンガ道で、女川湾が臨める商店街「シ―パルピア女川」。その…

  8. 宮城県-A・25-01

    止まらない”はらこめし愛”

    秋から冬にかけて、海からの恵みをふんだんに使い、県外でも人気の亘理町の「はらこめし」。10月8日…

  9. 宮城県-A・24-03

    恋する灯台 大須埼灯台

    石巻市、雄勝半島にある、大須埼灯台は70年もの間、半島沖を航行する船に光を届け、海上の安全を守ってき…

  10. 宮城県-A・23-01

    港町に欠かせない漁業の裏方

    気仙沼市魚市場。三陸沖で取れた海の幸が多く水揚げされ、場内は、それを買い求める仲買人や、漁師で賑…

Pickup

  1. #13web用写真②
    ハマボウフウの花で海岸を花畑に

    東日本大震災による津波で、名取市閖上の海浜植物が流されて以来、「名取ハマボウフウの会」は元の景色を取…

  2. #12_004
    港町・石巻の魅力を集結したお茶漬け

    水産業の町・石巻では、それにかかわる加工品の会社もたくさんありますが、複数の加工会社が集まって開発し…

  3. unnamed
    松島蒲鉾がコラボ!「おさかなっていいね!Book」

    みなさんこんにちは!取材ディレクターの大峯です!今年「海と日本プロジェクト in みやぎ」では、3つ…

  4. #11web用写真③
    魚屋さんが感じる危機感

    海の幸が豊富な三陸沖、「世界三大漁場」を漁場にする宮城でも、ある問題が起こっていると、石巻で鮮魚店を…

  5. #10①
    石巻を“タラコ”の街に!

    遠洋漁業の基地として栄えてきた港町、石巻市。 日本有数の水揚げ量で、水産加工業も盛んです。 中でも、…

海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP