レポート

“海の技術”を活かして、ウェットスーツの生地でマスク作り!

#8③

石巻市にある、ウェットスーツメーカー、モビーディック
創業して50年以上、マリンスポーツ用から、機能性を重視した業務用のものまで、年間2万着以上のウェットスーツを製造していて、国内トップシェアを誇っています。
この会社で、今年の春から新たに作り始めたものが、水着素材を使ったマスクです。

新型コロナウイルスの影響で、日本中でマスクが不足していたときに、会社にあるものを使って何かできないか?と、マスク開発に乗り出しました。

水着にも使っている生地なので、水にも強いし、何度も洗える、塩素消毒も可能です。
オンラインショップで売り出した時には、即日完売になるほどの反響。
たくさんの人にマスクを届けるため、普段は、デスク業務をメインでやっている方も、現場に立ってマスク作りをしている時期もありました。

老舗の技を活かして

  1. 会社総出で生産中
  2. 超音波ミシン
  3. 針も糸も使わない

このマスクは、2枚で660円。
たくさんの人に気軽に買ってほしい、手に取りやすい値段にしたい、という思いから、採算度外視の価格設定だそう。

この価格を実現するために活躍したのが、超音波ミシン。
もともとは、モビーディックで扱っているドライスーツの技術開発のために導入されていた特殊なミシンで、超音波で布を張り合わせるのが特徴です。
針も糸を使っていないので、その分コストも抑えられたんだそうですよ。

ご購入を希望される方は、モビーディックのHPから、ぜひどうぞ。

https://www.mobby.co.jp/

  • 「“海の技術”を活かして、ウェットスーツの生地でマスク作り!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/article/?p=2406" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. #13web用写真②
  2. #12_004
  3. unnamed
  4. #11web用写真③
  5. #10①
  6. unnamed-3

Pickup

  1. #13web用写真②
    ハマボウフウの花で海岸を花畑に

    東日本大震災による津波で、名取市閖上の海浜植物が流されて以来、「名取ハマボウフウの会」は元の景色を取…

  2. #12_004
    港町・石巻の魅力を集結したお茶漬け

    水産業の町・石巻では、それにかかわる加工品の会社もたくさんありますが、複数の加工会社が集まって開発し…

  3. unnamed
    松島蒲鉾がコラボ!「おさかなっていいね!Book」

    みなさんこんにちは!取材ディレクターの大峯です!今年「海と日本プロジェクト in みやぎ」では、3つ…

  4. #11web用写真③
    魚屋さんが感じる危機感

    海の幸が豊富な三陸沖、「世界三大漁場」を漁場にする宮城でも、ある問題が起こっていると、石巻で鮮魚店を…

  5. #10①
    石巻を“タラコ”の街に!

    遠洋漁業の基地として栄えてきた港町、石巻市。 日本有数の水揚げ量で、水産加工業も盛んです。 中でも、…

海と日本PROJECT in みやぎ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://miyagi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in みやぎ</a></iframe><script src="https://miyagi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP